ひとつ前のお話はこちら©カネシゲタカシ

(前回のお話はこちら)


しかもナイターの結果は……

©カネシゲタカシ

これ、アカンやつや!




きょくどの疲労と敗戦のショックで、おいのちメーターが1つ減ったよ!

たいへん、たいへん、
テレビさん、はやくベイスたんに、おほしさまをたべさせて!

©カネシゲタカシ

おほしさまをたべて、なんとか復活したベイスたん。
この作戦は、うまくいかなかったね。


「べつのさくせんに、きりかえるやよ!(すくっ)」

【4月18日(木)】

©カネシゲタカシ

「ついったーの、おともだちが、おしえてくれたやよ!
この、あいであで、いくやよ!(ぴょーん)」

©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ


WBCが、はじまる!?

©カネシゲタカシ


「おサムちゃんが来たからには、大丈夫で候!
いざいざ、WBCの試合は、どこでござろうか?」


「あっ、あっ、『まつだずーむずーむスタジアム』やよ!(みて、みて)」

©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ

「WBC」 は、「わあ、ベイスターズ対、カープ」の略。
まあ、ウソはついてないんだけどね…。


だまされたと思って怒り心頭のおサムちゃん。
遠征のお手伝いをしてくれるように、ちゃんと頼めるでしょうか?

ひとつ後のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。