今年3月まで放送され、池田氏がコメンテーターとして出演していた文化放送の朝のワイド番組「The News Masters TOKYO」で司会を務めていたタケ小山氏。今回も、日本のスポーツ界の体質に舌鋒鋭く切り込むなど、ゴルフマネジメントで培った独自の視点を披露した。

特に疑問視したのが、日本男子ゴルフの日程面。7月7日に終了した国内メジャー、日本プロゴルフ選手権で3年ぶりの勝利となるツアー通算15勝目を挙げた石川遼の話題になると「あれだけ盛り上がったのに、この後は国内男子の試合が8月末までないんです」と、久しぶりの男子ゴルフ界のビッグニュースを活かしきれていないゴルフ界への歯がゆさを口にした。池田氏は「ゴルフは、いつやっているのか日程面が分かりにくい。野球なら月曜日以外は試合・・・というように、分かりやすさは重要」と呼応した。

そんなタケ小山氏が今回、推したのが大分・別府市の「竹瓦温泉」。まず「建物が良い」というように、公共の湯とは思えない豪壮な唐破風造(からはふづくり)の建物に目を奪われる。

温泉の街・別府の中でも140年近く続く歴史ある名湯で、当初の竹屋根葺きから瓦葺きに改築された流れから「竹瓦温泉」の名称がついたとされる。現在の建物は1938(昭和13)年に建設されたもの。昭和初期の空気が漂う特別な空間になっている。

竹瓦温泉(ロビー)

「公共浴場だから安いんです。外で売っているタオルの方が高いくらい」と小山氏。入浴料金は何と100円。男湯は塩化物泉、女湯は炭酸水素塩泉と、男女で異なっているのも珍しいところだ。また、名物は砂湯。浴衣を着て砂の上に横たわると、「砂かけさん」が温泉で温められた砂をかけてくれるもので、筋肉・関節の痛みから胃腸機能の低下、ストレスによる諸症状にも効果があるという。デトックス効果を期待する若い女性にも人気があるのだとか。

「お湯は45度くらいあって熱いのですが、別府の人は平気で入っている」とは小山氏。温泉周辺には大分名物・だんご汁が食べられる店も。まさに身も心も温まる温泉好きのメッカが別府温泉であり、そのシンボル的存在として竹瓦温泉は威風堂々とそびえ立っている。

竹瓦温泉(普通浴)竹瓦温泉(砂場入り口)

【竹瓦温泉】
■住所
〒874−0944 大分県別府市元町16−23

■営業時間
普通浴 6:30~22:30
砂湯 8:00~22:30(最終受付21:20)

■定休日
普通浴:12月の第3水曜日
砂湯:第3水曜日(祝日の場合は翌日)

■アクセス
車:東九州自動車道別府ICから別府駅方面へ約15分
電車:JR別府駅から駅前通りを徒歩で約10分

■公式サイト
http://takegawaragroup.co.jp/



取材協力:文化放送

****************************
文化放送「池田純 スポーツコロシアム!」(毎週月 20:00~20:30)
パーソナリティ:池田純
****************************

竹瓦温泉公式サイト

VICTORYスポーツ湯めぐり紀行 第二回 沖縄・宜野湾『天然温泉アロマ』

VICTORYでは、同番組内のコーナー「スポーツ湯めぐり紀行」の特別版を掲載。アスリート、スポーツにまつわる「とっておきの温泉話」を紹介する。第2回の“相方”は、日刊スポーツの元ベイスターズ担当記者で現・野球部デスクの佐竹実氏が務めた。

victorysportsnews

VICTORYスポーツ湯めぐり紀行、第一回熊本『黒川温泉』

VICTORYでは、同番組内のコーナー「スポーツ湯めぐり紀行」の特別版として、アスリート、スポーツにまつわる「とっておきの温泉話」を紹介。第1回の“相方”は、2018ー19年シーズンにB2西地区初優勝を果たすなど悲願のB1昇格にあと一歩まで迫るプロバスケットボール、Bリーグ・熊本ヴォルターズの代表取締役CEO・共同代表、内村安里氏だ。

victorysportsnews
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部