先代の両親が1965年に立ち上げた東京・大田区のテニスクラブを妹より引き継ぎ、2021年1月より運営始めた河原氏は、クラブの”新しい形”を提案しようとしている。

 現在新規でオープンするのはインドアテニススクールが多く、アウトドア、しかも会員制テニスクラブとなると、新規どころか、閉鎖の危機を迎えているところも少なくはない。

 しかし「人口減少、高齢化、デジタル化といった変化の中で、スポーツが人々の福祉にもたらす影響は大きいと感じています。スポーツは、人を開放して意欲を引き出し、ひいては経済を活性化すると考えています。また、デジタル化社会においてもリアルな人と人との繋がりへの欲求は、衰退することはなく、そのような機会をもたらす『場』の意義は深いと思っています」という河原氏は、世代を超えたさまざまな人々が集まるクラブにしようという考えだ。

 西馬込の住宅街に位置する『レテ テニスクラブ』は、門戸を大きく開き、若年層も含めより多くの人々がテニスを楽しめる環境を作ろうとしている。

 来年1月、クラブハウス施設と会員プランを一新する。クラブハウスの入る建物は3階建てで、クラブハウスやテニス関連ショップの他にカフェや賃貸マンションが入り、さらに建物のまわりには緑あふれる「庭」が造られるという。スポーツだけではなく、カフェでゆったりと過ごしたり、訪れる人々が思い思いの時間を過ごせる場所が誕生する予定だ。

 会員プランには新たに「プレミアム会員」が導入される。テニスクラブでの会員体系としては、平日の昼、夜会員、土日会員といったように、スポーツクラブのように細分化されている。

 その中に加えた「プレミアム会員」は、「忙しい若い方にもテニスを楽しんでいただける環境をご提供することができれば…」という河原氏の思いもある中で、新しく作られたもの。最大の特徴は、”土日祝日を含む営業日の午前 7 時〜21 時まで”コートの利用が可能なところだ。

 ポッカリ空いた時間にテニスをしたい。そこからコートを予約して、仲間を探して…となると気軽にはできない。しかし、このシステムであれば、思い立ったときにラケットを抱えてコートに行ける。テニスクラブは、その時、その場にいた人とプレーする場所なので、相手を探す必要もない。

 現在は会員制テニスクラブの存在自体を知らない若年層も多いが、世代を超えた交流が図れる社交の場でもある。

 今月より、その1月からの新プラン「プレミアム会員」の入会希望者に向けた特別体験会が開催される。さらに、10月~12月までの期間で一足先に入会することでよりお得に楽しめる「先行入会」のプランも用意されている。一度体験して見て、テニスクラブの雰囲気を味わってみてはいかがだろう?

レテ テニスクラブ

≪プレミアム会員特別体験会 概要≫

【期間】2022 年 9 月 10 日(土)~12 月 24 日(土)
    ※申込み 9 月 1 日(木)〜、事前予約制
【料金】2,200 円(一人2回まで)
【時間】① 早朝体験会 7:15~8:15 (火曜日を除く毎日、定員8名)
     ※2名以上で申込み必須、予約は3日前までに
    ② 9:00~17:50 (火曜日を除く毎日、定員4名)
     ※上記の時間帯、何時間でも体験可能。現会員と一緒にプレイ
    ③ 土曜日 18:00~19:00 / 19:00~20:00 / 20:00~21:00 (毎週、各回定員4名)
     ※希望でヒッティングパートナーが付けられる

≪プレミアム会員「先行入会」 概要≫
・入会時から12月末までの期間、月会費無料でフルタイム会員と同じ内容でクラブを利用可能。
・入会金5万円 ※23年1月よりの入会金8万円のところ

【期間】2022年10月1日(土)~12月24日(土)まで
    ※23年1月1日からはそのまま正式なプレミアム会員へと移行されます。


※詳細は公式サイトよりご確認ください。

レテ テニスクラブ公式サイトへ
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部