©Getty Images
VICTORY

Jはアメリカに倣って空席を埋める努力を!

巨額が動く「放映権バブル」が何かと話題になっているが、プロサッカークラブの収益構造は、3本の柱によって成り立っている。Jのクラブがより収益を上げるには……。

続きを読む 続きを読む

コメント(11)

  • 152
    池田純

    プロ経営者 2017/03/05 14:33

    Jリーグ、チケットの価値、チケットの値段があがるためには、プレミアムチケット化させなくてはなりませんが(ファンの方には好ましくない話ですが)、そのためにはライト層に対するマーケティングがまずは必要だと、最近サッカーのゲームを視察しながら感じます。
    日本は相対的にスポーツのチケットが安い。
    先日スーパーラグビーを秩父宮で視察した際には、相手のニュージーランドのチームの観戦に外国人が非常に多かった。彼ら言うに、海外でスーパーラグビー観ると、2次流通で買わなくてはならないことも多く、かなりお得感があると。

    もっと読む
  • 86
    能田 達規

    マンガ家 2017/03/06 00:54

    Jリーグは球技専用スタジアムが増えているとはいえ、未だ陸上競技場で開催しているチームも多く、その巨大なスタンド故に収容率は低い状況です。
    同じ陸上競技場でもサッカーを見るには不向きなゴール裏席(サイドスタンド)を閉鎖してメインとバックスタンドだけにするなど工夫の余地はあると思います。
    客単価の極端に低い客ばかりを増やしても運営費がかさむだけで経営を圧迫しますから。
    もちろんベストは顧客満足度を高くして客単価を増やすサッカー専用スタジアム建設ですが。

    もっと読む
  • 76
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2017/03/06 07:09

    「売れる=収入を増やせる」人間は、スポーツだけでなく、どこの国のどの業界でも重宝されます! Sell, Sell and Sell!!!

    しかし、さすがアメリカ!NSCなんて凄い!

    「2010年、チケット販売の専門家を養成する『ナショナル・セールス・センター』(NSC)を設立。卒業生の多くは各クラブで職を得ており、NSC時代に叩き込まれた電話営業などのノウハウを十全に生かし、販売実績を挙げている。実際、各クラブはチケット業務に関わるスタッフを20人近く抱えているという。」

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter