©Getty Images
VICTORY

W杯まであと2年。ラグビー日本代表、強化の「三本柱」とは?

2019年に自国開催のワールドカップを控えるラグビー日本代表。大会が2年後に迫る中、強豪に打ち勝つための準備は進んでいるのか。3つのカテゴリーによって推進中の強化システムについて解説する。

VIEW MORE

コメント(3)

  • 4
    中野崇 PRO

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2017/04/14 17:58

    他の強豪国のスタイルを追い求めスタイルではなく、「持たざる者ゆえの工夫」は今後の日本のスポーツ界のキーワードになってくるかも知れません。
    チームでも個人でも、「持たざる者」の工夫とその先にある活躍は、スポーツの大きな魅力だと思います。

    もっと見る
  • 1
    小林一人 PRO

    メディアプレーヤー 2017/04/15 09:39

    日本ラグビーの「いま」がよくわかる良記事。2015の余韻が残っているうちに、新しい可能性を示すことが必要でしょう。エディー・ジョーンズの交代劇がいまひとつ釈然としないファンは多いと思うので、「善戦」ではなく「勝利」でプレゼンテーションしていって欲しいと思います。

    もっと見る
  • 1
    TK@live

    2017/04/15 12:05

    強化するためのプロジェクトが3つあり、それらを代表に繋げるのはいいが、学生が少なく感じる。他国では18でプロの試合に出る、比べてみると若手強化に少し不満が残る。

    もっと見る

RELATED ARTICLES

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン