文=菊地高弘

大舞台で結果を残す天性のスター性

 プロ球団スカウトと話していると、その多くがこんな内容の言葉を口にする。

「本当に凄い選手は、探さなくても勝手に目に飛び込んでくる」

 吉川尚輝(中京学院大)を初めて見たとき、そのことを思い出した。身長177センチ、体重79キロと野球選手としては大柄ではない。それなのに、キャッチボールをしているだけで不思議と動きに目を奪われる。ユニホーム姿が映える。それが吉川尚輝という選手が持つ、天性のスター性なのかもしれない。

 中京学院大と対戦して敗れた、ある大学の監督はこんな感想を漏らしている。

「まるで吸い寄せられるように、いいところで吉川くんのところに打球が飛ぶ。ウチは彼を目立たせるために攻撃しているようでした。吉川くんはそういう星の下にいる選手なのでしょうね」

 2016年6月の大学選手権。中京学院大対日本文理大との開幕戦には、バックネット裏にスカウト陣が大挙して押し寄せていた。お目当てが「大学ナンバーワン遊撃手」の呼び声高い中京学院大の遊撃手・吉川であることは明白だった。

 その試合で吉川は挨拶代わりにセンターオーバーの先制タイムリー三塁打を放ち、守っては躍動感あふれるフィールディングでチームの完封勝利に貢献する。多くのスカウトは吉川のプレー能力以上に、このような大舞台で結果を残す星の強さに魅力を感じたのではないだろうか。

流れるような守備ワークでアウトを重ねる

©共同通信

 走攻守三拍子揃った選手と評されることの多い吉川だが、本人がもっとも自信を持っているのは守備だ。

「個人としては守備からアピールして、流れをつくりたいと思っています。自信はあるのですが、逆シングルの捕球とか基礎からやり直しました」

 二遊間を抜けそうなゴロに跳ねるような足運びで追いつき、流れるようなスローイングで刺す。万全ではない体勢でもリストの強さを生かして強い送球が投げられる。本能のままに、体が反応するままにプレーしているのだろう。その野性味のあるフィールディングには夢が詰まっている。

 かつて吉川は高校卒業後、東都大学リーグの強豪・亜細亜大に進学する予定だった。だが、練習に参加するなかで挫折し、入学を辞退。一転して中京学院大に進学している。中京学院大はもはや球史に残る二塁手となった菊池涼介(広島)を輩出したチームで、選手の自主性に任せた運営が特徴だ。そんな自分のペースでのびのびと野球に取り組む環境が肌に合ったのだろう。吉川は大学球界を代表する遊撃手へと成長していった。

 2016年のドラフト会議、吉川は巨人の外れ外れ1位としてプロへの扉を開いた。プロでは二塁手としての活躍が期待されているが、1月の新人合同自主トレの時点で上半身のコンディション不良を訴えたとされ、キャンプは三軍スタートと出遅れた。

 それでも、やはり本当に凄い選手は、探さなくても勝手に目に飛び込んでくるのだろう。華やかな舞台でこそ映えるフィールディングが超満員の東京ドームで見られる日も、そう遠くはないはずだ。

(著者プロフィール)
菊地高弘
1982年、東京都生まれ。雑誌『野球小僧』『野球太郎』編集部勤務を経てフリーランスに。野球部研究家「菊地選手」としても活動し、著書に『野球部あるある』シリーズ(集英社/既刊3巻)がある。

OB・鈴木尚広が語る巨人。痛恨のCS進出失敗から若手育成まで

チーム史上初めて、クライマックスシリーズ進出を逃した読売ジャイアンツ。不名誉な“チーム史上初”はそれだけでなく、球団史上最悪となる13連敗を喫するなど今季は精彩を欠きました。かつてはリーグ不動の盟主として君臨した巨人の強さは、どうやったら蘇るのか? OBである鈴木尚広氏にお話を伺いました。(インタビュー:岩本義弘 写真:荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日ハムでブレイクの大田泰示に見る 巨人が抱える若手育成の問題

シーズン開幕前、読売ジャイアンツから北海道日本ハムファイターズへ移籍した大田泰示。巨人では松井秀喜の着けていた背番号55を引き継ぐなど期待されていたが、潜在能力を開花させることができなかった。その大田が新天地で活躍を見せている。大田に限らず、大物ルーキーを獲得しながらもその才能を生かしきれていない巨人の育成が抱える問題とは。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
凋落巨人に打つ手はあるか? ファンの手にチームを取り戻せ!巨人ファンのなかで長らく伝わる「巨人顔」の定義プロ野球、本当に成功しているのはどの球団? セ・リーグ編

小林誠司の低評価は妥当? 今季大爆発で「打てる捕手」に覚醒なるか

巨人の正捕手、小林誠司が開幕から打撃で大爆発を見せている。「打てない捕手」などネガティブな評価を受けることも多いが、WBCで活躍したり、ゴールデングラブ賞を獲得するなど“持ってる”のも確かだ。はたして小林への評価は妥当といえるのだろうか? 小林の真の評価を探りたい。(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部