ひとつ前のお話はこちら

【9月25日(水)】

©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ


旗をふって、いっしょうけんめい応援をしたベイスたんの想い。
それが天に通じたのかもしれません。

©カネシゲタカシ


腕をびゅんと振り、仲間を信じて投げ続ける三嶋投手!

すると、8回……

©カネシゲタカシ

「きゃぁあああああああああああああああああああああ!!!」

©カネシゲタカシ

強い思いをのせた多村投手の3ランホームランがスタンドに突き刺さり、
ベイスターズが快勝です!


でも、快勝はこの日だけじゃなかった。

【9月26日(木)】

©カネシゲタカシ


連勝!連勝です!ベイスターズが連勝です!

梶谷選手、ブランコ選手の連続ホームランで同点としたあと、チーム通算7000号となる梶谷選手の2打席連続ホームランで逆転!

そして小林寛投手、藤江投手、長田投手、ソーサ投手へとつないだ無失点のバトンが、ベイスターズに勝利をもたらしました。

©カネシゲタカシ

「だからこそ、勝たなければいけなかった。
CSとか順位とか関係なく、今日は意地でも勝たなければいけない試合だった」

これは25日の試合後の、多村選手のコメントです。
きっと中畑監督の決意を受けての言葉なのでしょう。

ベイスターズは、最後の最後まで戦います。
それが明日に、そして来年につながると信じて。

©カネシゲタカシ


よかったね、ベイスたん!

そして、この日。
パ・リーグは東北楽天ゴールデンイーグルスさんが球団創設9年目での初優勝を決めました。


「あっ、あっ、とうほくらくてんゴールデンイーグルスさん、
はつゆうしょう、おめでとうやよ!!

とうほくの、おみなさんに、えがおのおはなが、さいちゃうやよ!
ベイスたん、イーグルスさんに、はくしゅをしなくっちゃ!
(ぱちぱちぱちぱちもちもちもち!)]

©カネシゲタカシ


ベイスたんがだいすきな「うしさんのマーク」。
イーグルスさんは、あのチームの遺伝子を受け継いでいるんだ。

ちなみに大阪近鉄バファローズが北川選手の代打逆転満塁サヨナラホームランで優勝を決めたのが12年前の今日、2001年9月26日。

なんだか運命を感じる一日となりました。

©カネシゲタカシ

空には、流れ星。

きっと、きっと、そうなるよね、ベイスたん!

ひとつ後のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。