(C)Getty Images
VICTORY

東京五輪に間に合うか~萩野公介がもたらす競泳界への光

競泳男子で日本を引っ張ってきた25歳の萩野公介(ブリヂストン)が苦しんでいる。2016年リオデジャネイロ五輪の400㍍個人メドレーで金メダル、200㍍個人メドレーで銀メダルを獲得。2020年東京五輪でもエースとしての活躍が期待された。しかし、今年になって極度のスランプに陥り、3月には休養を発表。ブランクを経て夏場に約5カ月半ぶりとなる実戦復帰を果たしたが、思うように成績を残せていない。果たして五輪に間に合うのか。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter