(C)CHARILOTO
VICTORY

「レベルの違いを感じた」夢を諦めたアスリートが賞金ランクトップになるまで

約2200名もの「プロ」がいる競輪競技。その中でも上位9名にあたるS級S班の地位につき、2021年8月時点では賞金ランクトップに位置している、松浦悠士選手。だれもが羨む才能を持つ彼だが、中学時代まで続けていた水泳では、周囲とのレベル差に打ちひしがれることも多かったという。そんな彼が、競輪学校に入るまでの話を、自分自身でコラムとして記した。(ライター:松浦悠士 / 編集:VICTORY編集部)

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter