©Getty Images
VICTORY

なぜ大学のアメフト部が60億も“稼げる”のか? 河田剛氏に聞く米国カレッジスポーツ驚異の構造 vol.3

すべてが桁違いのアメリカンスポーツ産業のダイナミズムは、アマチュアの大学スポーツにおいても際立っている。スタンフォード大学アメリカンフットボールチームでオフェンシブ・アシスタントを務める河田剛氏に、米国のカレッジスポーツの儲かり続ける「夢のビジネスモデル」についてお話をうかがった。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(7)

  • 150
    池田純

    プロ経営者 2017/03/07 14:03

    アメリカではスポーツが文化として根付いていくために様々な活動がなされていて、結果、より一層の文化となり、スポーツビジネスが高いレベルで展開され、スポーツが産業となっているのでしょうね。日本もオリンピックを機に、スポーツが産業として発展するために、アメリカから学ぶことは多いですね。

    もっと読む
  • 114
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2017/03/07 11:03

    アメリカの大学スポーツの学ぶところ大でありで、日本版NCAAの設立に向けてのベンチマークでもあります。
    ただ、すべてが良いわけでなく、日本とは比べものにならない超学歴社会であること、学費が異常に高いこと(有名私立大学だと、学費だけでも、年間500万円では済まない)、その学費を賄うためのスチューデントローン(要返済の奨学金)などの問題は、反面教師にしたいところ。特に、スチューデントローンは、自動車ローンの額を超え、第2のサブプライム問題に発展する可能性のある、米国経済が抱える爆弾でもあります。

    もっと読む
  • 32
    長谷川 豊

    フリーアナウンサー 2017/03/07 11:44

    アメリカのカレッジフットボールの「もの凄さ」はアメリカ駐在時代によく目にした。結局、きれいごとを言ってないで『ビジネス』としての割り切りがあるかどうかの差なんだろうな…と思う。
    お金があれば出来ることをもっとしっかりと見つめるべき。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter