©Getty Images
VICTORY

今さら聞けない? 男子バレー人気を復活させた「NEXT4」とは何か

男子バレーボールは、人気面で低迷していた時期があった。そんなとき、人々の目を再び男子バレーに向かせるきっかけとなったのが「NEXT4」と呼ばれるカルテットの登場だ。バレーファンの間では、常識となっている彼らは、どんな存在だったのか?

VIEW MORE

コメント(4)

  • 108
    秦 英之

    ニールセンスポーツ代表取締役 2017/04/23 06:29

    メジャースポーツとマイナースポーツの根本的な違いは、そもそもの認知度と言われております。メジャースポーツは、基本的に70%の人はそのスポーツのことを知っております。母数が大きい分、その中での興味層も多くなります。

    一方で、マイナースポーツは、20%-30%程度しか、そもそも知られておりません。そして、その中でも、20%-30%程度しか興味ありません。つまり、そもそもの部分で知られてなく、母数が限られます。よって、どんな面白い仕掛けをしても、実は、単純に知られていないことが多いです。

    今回の施策は、分かりやすい内容にすること、そして、伸び代あること、共にその方向を歩めること、そこに魅力が伝わることに広がりがあったと思います。そこから如何に広げられるかが、まず大事であります。どの競技にも、それぞれの魅力が存在する中で、この興味層をどう広げて行くか、今回のこうした発想にヒントを得れることはあるかと思います。

    もっと読む
  • 31
    長谷川 豊

    フリーアナウンサー 2017/04/22 09:27

    懐かしい。
    朝の情報番組でも「プリンセスめぐ」や「パワフルかな」と言えと強要され、堂々と生放送で「言ってて恥ずかしいキャッチコピー」と批判したら社内で怒られた(笑)。
    キャッチコピーは競馬やF1をイメージしたそうだが、違和感を感じるレベルのキャッチコピーは当人たちにとっても迷惑だろう。
    スポーツ人気の上昇は、実は単純に「勝つ」しかないというのが私の持論。そこにマーケティングが乗っかるだけの話。結局、まずは「結果」が全てなのだと思う。

    もっと読む
  • 5
    長谷川晶一

    ノンフィクションライター 2017/04/23 11:23

    「リオ五輪に出場できなかった男子バレー」の印象が強かったのですが、あの当時、「NEXT4」ではなく、「ニュー・ビッグスリー」という、苦肉の策が提案されていたということを、この記事で初めて知りました。ヒーロー&ヒロインは自然発生するものなのか、周囲の演出や後押しによって誕生するものなのでしょうか?

    もっと読む

VICTORY APP IS JUST RELEASED!!

いますぐストアでアプリをダウンロード!!

RELATED ARTICLES

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter