©Getty Images
VICTORY

プロ転向へ悩む有望若手選手の新たな選択肢となっているNCAA

世界を転戦するプロテニスプレーヤーに転向するにあたって、実力もさることながらツアー参戦する金銭面など不安な要素は数多く存在する。プロ転向か、進学か……テニスを続ける上で悩む有望若手プレーヤーに、最近はアメリカの大学に進学しNCAAに参戦するという選択肢がスタンダードになりつつある。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 3
    Shuto Yoshizawa

    2017/05/10 18:36

    大学を出てからプロ選手になる。もし、キャリアがうまくいかなくても、大卒でさえいれば、セカンドキャリアの幅も広がると思います、特に日本のような学力社会ならば。大学としても宣伝効果等々、抜群な気がしますけどね。選手グッズとか作れば売れそうです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter