©共同通信
VICTORY

NPBは「アグリーメント」を公開せよ

日本球界の“憲法”と言われる野球協約。その他にもプロ野球が潤滑に運営されるための様々なルールがあるが、「アグリーメント」という、知る人ぞ知るルールが存在する。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(9)

  • 10
    池田純

    プロ経営者 2017/02/06 17:54

    ネットに公開すると色々あるのでしょうね。冊子が、毎年球団職員一冊ずつ配布されます。

    もっと読む
  • 10
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2017/02/08 01:51

    公開して困るものでなければ公開してもらっても差し支えはないし、PDFなどで誰でも閲覧できればそれはそれでありがたい。ただ、「ライトなファンを置き去りにするかどうか」という意味ではアグリーメントが公開されようがされまいが影響はないだろう。そもそもライトなファンは公認野球規則も読まないし、五輪憲章も読まないし、スポーツ基本法も読まないのだ。「知らない」を大前提に、それでも納得感がある運営をすることが必要だろう。文書を公開したらOKなわけではなく、簡潔に、わかりやすく、意志を伝えていく「説明力」が肝要だ。「初見の人でも楽しめる」「一見さんに優しい」と根底にあるものは同じはず。たとえば大相撲には場内にまず「相撲の楽しみ方」を記したパンフレットがある。野球の楽しみ方やサッカーの楽しみ方を案内しているだろうか。いきなり選手情報から始まっていたりしないだろうか。「人生のなかでたった1回だけ見た人」が十分に楽しめるようにする意識があれば、アグリーメントが公開されていてもされていなくても問題はない。「おかしいな?」となったたときに、説明してくれれば済むのだから。

    もっと読む
  • 9
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2017/02/09 10:42

    どの競技でもルールブック(大会規定)の細かい部分は時々変更されたり、知られていなかったり。細かくチェックするファンは少ないので、そのつど瞬時の場内アナウンスやテレビ中継の実況の説明は大事だなと、当事者として責任を感じました。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter