©共同通信
VICTORY

野球のトレーニングに「走り込み」は必要なのか? vol.4

必要なのは野球選手の動きを考えた、適切なウェイト・トレーニング。過度な「走り込み」は避けるべし、という最新トレーニング事情。それにしても、なぜ日本では「走り込み」が特別視されるようになったのか? 『ドームアスリートハウス』のパフォーマンスコーチ/ゼネラルマネジャー・友岡和彦氏のインタビュー、最終第4回は、その背景に迫ってみたい。

この連載について

この記事は会員限定コンテンツです

登録・ログインすることで、VICTORYだけの限定コンテンツを無料でお楽しみいただけます。

コメント(1)

  • 5
    長谷川 豊

    フリーアナウンサー 2017/05/29 10:54

    これは勉強になった。
    走り込みは「プラセボ効果」の役割を担っている、というのは実は日本の教育現場の多くに当てはまる指摘。
    「これだけやった」は自己満足。
    が、その事故満足感も大事な時もあり一概に否定は出来ないが、科学的でもない。
    面白かった!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter