VICTORY

スポーツを愛し、平和、文化を愛する国として大きな存在になる

全国12都市で開催されるラグビー・ワールドカップをオールジャパンで盛り上げたあとは、東京でのオリンピック、関西でのワールド・マスターズ・ゲームズと、スポーツの国際大会が続く。その運営における合理性から、ジョセフ・ジャパンへの期待、そして2019年大会の日本的・アジア的・世界的意義へと、話は展開していった。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 1
    Shoichiro Kudo

    株式会社Visionary 院卒一年目 2017/06/19 20:24

    ノウハウの継承がしっかりできれば、より良い大会にする為の時間を多く割くことができますね。期待が大きくなります。2013年以降も日本にスポーツがもっと根付くよう3大会は成功させたいですね。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter