©下田直樹
VICTORY

「日本版NCAAは儲け主義」という誤解。小林至×池田純(中編)

「大学スポーツの振興に関する検討会議タスクフォース」の座長を務めた江戸川大学教授の小林至氏と、明治大学学長特任補佐スポーツ・アドミニストレーターの池田純氏が語る「日本版NCAA」の現在地と課題とは? アメリカNCAAをはじめ世界のスポーツビジネスに造詣の深いお二人の話はさらにヒートアップ。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(8)

  • 91
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2017/08/06 22:08

    元ベイスターズ社長、池田純さんとの対談、中編、お読みくださると、嬉しいです!

    もっと読む
  • 44
    大山 高

    帝京大学経済学部 准教授/スポーツ科学博士(早稲田大学) 2017/08/06 14:13

    私も以前記事を書きましたが、大学スポーツは商業化が最優先ではないと思います。結果的にビジネスとなれば自立した組織にもなれるので大賛成ですが、、
    とにかく大学運動部の実態について一般世間や学内(学生)が知らなさすぎ。
    まずは『大学運動部が無法地帯であること&ガバナンスの「ガの字」もないこと』を改善できれば大学スポーツの社会的価値が著しく向上するのではないでしょうか?

    ーーーーーーーー
    大学スポーツは“無法地帯”か。日本版NCAAが絶対に必要な理由。文=大山 高
    https://victorysportsnews.com/articles/4178

    もっと読む
  • 3
    眞壁潔

    株式会社湘南ベルマーレ 代表取締役会長 2017/08/07 11:03

    プロ球団として、また、まだまだしっかりしたビジネス化ができていない者として大変興味がある対談です。私達でもリーグ内の情報共有化にはいろいろハードルを越えて来ました。時間のかかることなので焦らずしっかり進めて欲しいと感じました。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter