©Getty Images
VICTORY

滅亡寸前の大相撲を救ったのは、「スー女」である。寄稿:星野智幸

暴行事件に端を発し横綱・日馬富士の引退につながるなど、揺れに揺れる大相撲。2007年の弟子暴行死事件、2011年の八百長問題など、角界はこれまでも大きな問題に直面してきた。その度に角界を支えてきたのが、「スー女」と呼ばれる女性ファンであることはご存知だろうか。小説家・星野智幸氏に寄稿いただいた。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(9)

  • 58
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/12/06 12:54

    小説家・星野智幸さんによる、大相撲愛に溢れた原稿。星野さん、南米サッカーに傾倒しているイメージでしたが、大相撲もこれほど愛しているとは! 大相撲は守備範囲外でしたが、この原稿読んだら、ちょっと興味沸いてきました(笑)。

    もっと読む
  • 53
    カネシゲ タカシ

    漫画家・コラムニスト 2017/12/07 02:28

    男性ファンは強さを讃え、女性ファンはやさしさで見守る。観客席の父性と母性、それらが健全に機能する競技は幸せである。

    もっと読む
  • 47
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2017/12/07 01:56

    筆者の別サイトでの記事に対しても思ったことだが、「反・日本スゴイ運動」のために相撲を引き合いに出すのはご勘弁いただきたい。今回はスー女を褒め称えるというデコレーションを施すことで総体としての印象をマイルドにすることに成功しているが、本当に存在するのかどうかもわからない「2階席のオヤジ」などをやり玉として、相撲ファンひいては日本人がそのような排斥的な集団であるかのように誘導している感は否めない。「1で100を語る論法」である。「モンゴル人差別、白鵬が気に食わない」と思う観衆が大半であるならば、「白鵬の呼びかけに応じて万歳で盛り上がる」こともないだろう。相撲がよくも悪くもTHE日本という存在であり、多くの人は現地に足を運んだことがないから、「どう書いてもそれが実態かどうかわかりゃしない」という都合のいい題材なのだろうが。僕が見る国技館は、いつも和やかで、相撲を愛する人たちの集いです。あと、両国国技館ではソフトクリームは2階の国技館カフェにしか売っていないので、食べてる人そんなにいないですよ。ソフトクリームが売ってることを知らない人のほうが多いんじゃないですかね。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter