©Getty Images
VICTORY

ネリが見せた比類なき“ヒール”、次のターゲットは井上尚弥か

大きな注目を集めたバンタム級元王者の山中慎介(帝拳)と前王者ネリ(メキシコ)のリターンマッチは、2回TKOで前王者が勝利した。3階級上のウェイトで試合に臨んだネリは試合後にドーピングや体重超過がなかったかのように歓喜を爆発させ、リング上でインタビューに応じ、記念撮影もしてみせた。ファイトマネーも手にし、日本を「重要なビジネスの場」と位置付けているネリ側は、日本で付いた「ヒール」のイメージを武器に、次の戦いも模索している。(文=善理俊哉)

続きを読む 続きを読む

コメント(2)

  • 214
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2018/03/03 22:31

    WBCが厳しい処分を発表し、日本のJBC(コミッション)も。
    井上尚弥との試合を観たい人は多いと思いますが、まずはルール等が整備されてからの話ですね。

    もっと読む
  • 13
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 2018/03/06 12:14

    ボクシングのルールがよくわからないのですが、どうして試合が続行したんだろ?なんか、周囲やメディアがケチをつければつけるほど、負けた本人がかわいそう。だって、一度は試合をやることを決めておいて、まけてしまったわけだから・・・

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter