©Getty Images
VICTORY

ユニフォームで見るワールドカップ サプライヤーの覇権争いとジンクス

14日に開幕したFIFAワールドカップロシア大会。世界最大のスポーツイベントに参加するのは、32カ国の代表チームだ。彼らが着るユニフォームはそのデザインが大きな話題となり、同時に莫大な収益を生み出す。今大会、各国代表チームが着るユニフォームの傾向に迫った。(文=池田敏明)

この連載について

続きを読む 続きを読む

コメント(4)

  • 89
    長谷川晶一

    ノンフィクションライター 2018/06/20 10:35

    野球界を席巻しているマジェスティック社がゼロだというのが面白いですね。

    「アディダスと契約するチームが有利で、ナイキと契約するチームは優勝できない」という、嘘か本当か分からない都市伝説のような噂、今大会はどうなるのでしょうか?

    もっと読む
  • 33
    森本美行

    fangate(株) 代表取締役/一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事 2018/06/17 09:33

    昨日のアルゼンチン戦で大健闘したアイスランドのユニフォームは気になっていた。erreaは十分なプロモーションできたjないでしょうか!

    もっと読む
  • 20
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 2018/06/18 14:57

    アメリカンフットボールとは、だいぶ違う勢力図ですね。アディダスは、アメリカのフットボール界では、大きく苦戦しています。日本のブランドも出ていかないかなぁー。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter