VICTORY

「北海道の魅力を道外に」日ハムの更なる挑戦を、日ハム事業本部長に訊く (後編)

北広島市に建設地が決まり、順調に進んでいるように思われる、北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想。2023年に開業を目指す新球場は、札幌市が保有する札幌ドームとは異なり、日本ハムグループが主体となって建設・運営に当たる。今回は、今後の事業課題・新たな挑戦について、球団の執行役員である、事業統轄本部 本部長である前沢賢氏に聞いた。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter