©︎中野崇
VICTORY

イチローのレーザービームを取得するコツは「みぞおち」にあり

今では強肩外野手の送球で当たり前のように使われるようになった、「レーザービーム」という言葉。2001年メジャーリーグデビューしたばかりの、シアトル・マリナーズ、イチロー選手が見せた強烈な送球をこう表現されたのがきっかけである。今回は「レーザービーム」をどのようにして投げるのか、またその投げ方のポイントを、プロ野球選手など約20種目のプロ選手や日本代表選手のトレーニング指導をしている、中野崇氏に解説頂きます。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 0
    gpxkd211

    2019/04/02 05:42

    身体の操作術に関して大変わかりやすく、理論的な説明で参考にさせて頂いています。
    中学生の子供のサッカーが少しでも上手くなればと思って勉強しています。
    最近、サッカーのキックの際の身体の使い方で同様の動き方を教える方がいました。良い動きだなと思っていましたが、この記事のみぞおちを前に出し、急激に引く(脱力)というコメントを読んで凄く納得しました。
    他の記事も大変参考になります。これからも身体の使い方の記事を期待して待っています。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter