©共同通信
VICTORY

新潟県高野連はなぜ「球数制限」導入を決めたのか? 高まる改革の必要性

新潟県高野連が、今春の大会で「100球」の球数制限を導入するというニュースが様々な反響を呼んでいます。この報を受けた日本高野連の竹中雅彦事務局長は「日本高野連としても考えていかないといけないこと」と語る一方で、9日に行われた業務運営委員会では、「プロセスの問題」から、今春の新潟県大会での実施に否定的な意見が多かったといいます。 地方から上がった改革の声、新潟県高野連の真意はどこにあるのでしょう? 新潟県出身で、自らも高校球児としてプレーした作家・スポーツライター、小林信也氏が独自の取材で迫ります。 (取材・文=小林信也)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter