旅行にはさまざまなスタイルがあるが、最近人気が高まっているのが「旅ラン」。旅先で走ったり、マラソン大会に参加するために旅をしたり、旅とランニングを掛け合わせたもので、テレビでも”旅ラン番組”が放送されるなどブームの兆しを見せている。

舘谷アナが、今回「久しぶりに連休があったので」と思い立ち、足を運んだのが熱海。JR熱海駅から徒歩15分ほどの場所にある『熱海温泉ホテル 夢いろは』を訪れ、まさに「旅ラン」を楽しんできたという。

「熱海に行って、いくつか日帰り温泉にも入ったのですが、熱海の温泉はとても熱いんです。道端に沸き出ているお湯を触っても熱いと感じるほど。長風呂には向かないかもしれませんが、体の疲れをとるにはとてもいいなと思いました」

『夢いろは』の温泉は貴重な100%源泉かけ流し。ビーチまで徒歩5分という好立地にあり、日帰り入浴も可能だ。「熱海は坂が多くてつらいのですが、走るには良いですね」。心臓破りの厳しい坂道と熱めの湯。熱海は「旅ラン」に最適な環境がそろっている。

過去にフルマラソンに何度も参加しているという舘谷アナだが「毎年1回は出場していて、今年は自己ベスト更新を目指しています。いわゆる『サブ4(フォー)』が目標です」と明かす。「サブ4」とは42.195キロのフルマラソンを4時間以内で走り切ることを意味し、いわば“一人前のランナー”として認められる目安とされている。ちなみに、舘谷アナの2020年2月時点での自己ベストは4時間18分35秒で、池田氏も「速い!」と驚くタイム。出場予定だった3月1日の東京マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般参加ができなくなったが、2日間で20キロを走ったという“熱海合宿“の今後の成果が気になるところだ。

池田氏は「旅ラン」について「運動して温泉に入るというのは、最高に幸福度が高いといえるのでは」と分析する。米ビジネス系ニュースサイト「ビジネスインサイダー」によると、幸福感や精神的健康には「お金よりも運動の方が重要」であると、米イェール大学や英オックスフォード大学の研究結果で出ているとの話も。「旅ラン」と温泉は、身も心も癒す格好の組み合わせといえるかもしれない。



【熱海温泉ホテル 夢いろは】
■住所
〒413-0019 静岡県熱海市咲見町4-6

■TEL
0557-82-1151

■アクセス
電車:JR熱海駅から徒歩約15分
車:東名高速・厚木ICから小田原厚木道路→真鶴道路経由→熱海ビーチライン 約2時間(60km)

■利用時間(日帰り入浴)
午後12時30分~22時
※希望者は事前に要電話確認。時期や日により日帰り入浴が利用できないことあり
※日帰り入浴の場合は駐車場利用不可

■料金
平日・休日前・日曜:990円(バスタオル・フェイスタオルセット 別途300円)




取材協力:文化放送

**********************
文化放送「池田純 スポーツコロシアム!」
火曜後8・40〜50、Podcastで拡大版配信中
パーソナリティ:池田純
**********************
池田純著『横浜ストロングスタイル』好評発売中
~ベイスターズを改革した僕が、
 その後スポーツ界で経験した2年半のすべて~
<本体1,400円+税/文藝春秋>
**********************

熱海温泉ホテル 夢いろは 公式サイト池田純著『横浜ストロングスタイル』をamazon.co.jpで購入

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第三十四回 東京・青ヶ島『ふれあいサウナ』

人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」のVICTORY特別版。今回は、池田氏が新島(第三十一回)、八丈島(第三十二回)に続く“島シリーズ”の第3弾となる温泉を推薦した。

victorysportsnews

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第三十三回 埼玉・秩父市『三峯神社 興雲閣』

人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」のVICTORY特別版。今回は、番組のアシスタントを務める文化放送・舘谷春香アナウンサーが、関東屈指のパワースポットにある温泉を推薦した。

victorysportsnews
熱海温泉街の風景 (C)photolibrary
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部