”一人旅好き”だという舘谷アナが2018年に訪れたのが、信州最古の温泉といわれる別所温泉の『上松や』だ。家族連れ、カップルで利用してももちろん楽しめる温泉宿だが、公式サイトでも謳われているのが「『一人旅』ならではの贅沢」。夕食の部屋食が可能で、女性スタッフが多く、女性の一人旅でも安心な環境で、「ひとりたび手帖」と題したコーナーもサイトに設けられている。

「もし東京五輪の聖火リレーが予定通り行われていれば、4月2日に上田市を通る予定でした。上田城は徳川軍を2度にわたって退けた『落ちない城』として、合格祈願にいらっしゃる方も多いようです」と舘谷アナ。1998年に冬季五輪が行われた長野県。真田信繁(幸村)の父、昌幸によって築城された上田城はNHK大河ドラマ「真田丸」効果で知名度がアップ。上田城址公園は多くの観光客でにぎわうスポットとなっている。また、上田市は細田守監督の映画「サマーウォーズ」の舞台としても知られている。

その上田城の最寄り、JR上田駅から上田電鉄で約30分の距離にあるのが別所温泉。中でも『上松や』は創業150年、源泉100%掛け流しにこだわる温泉宿として人気を博している。PH8.0〜9.0の弱アルカリ性単純硫化泉の源泉をそのまま掛け流しているため、泉質は柔らかく、不要な角質をとる美肌効果に優れる。別所の温泉は飲泉もでき、天然のアンチエイジング効果も期待できるという。

舘谷アナが訪れたのは、ちょうど日本がベルギーに2-3で敗れたサッカー・ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦が行われた日だったとか。「偶然だったのですが、真夜中にテレビで試合を見ました。少し寂しかったですけど(笑)、一人で行っても豪華な部屋食を食べられ、ゆったりと疲れを癒すには最高の環境でしたね」と振り返る。

新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中には“自粛ムード”が漂う。池田氏は「こんな時だからこそ、こういう平和な話も、いいですよね。今、スポーツ界、興行の世界もそうですが、温泉業界も大変な時だと思います。今は安易に旅行をすすめられる状況ではありませんが、またこうした魅力的な場所にたくさんの人が訪れ、安心して楽しめるときが戻ってくることを願っています」と話す。『上松や』では厚生労働省、長野県の指導・指示のもと予防を徹底しており、温泉で疲れた体、心を癒やすことも、免疫力を高めるための一つの選択肢といえそうだ。



【信州別所温泉 旅宿 上松や】
■住所
〒386-1431 長野県上田市別所温泉1628番地

■TEL
0268-38-2300

■アクセス
電車:北陸新幹線・上田駅→上田電鉄・別所温泉駅→無料シャトルバス
車(東京方面から):上信越自動車道・上田菅平IC→上田バイパス/国道143号/県道177号経由




取材協力:文化放送

**********************
文化放送「池田純 スポーツコロシアム!」
月曜後6・45〜7・00、Podcastで拡大版配信中
パーソナリティ:池田純
**********************
池田純著『横浜ストロングスタイル』好評発売中
~ベイスターズを改革した僕が、
 その後スポーツ界で経験した2年半のすべて~
<本体1,400円+税/文藝春秋>
**********************

信州別所温泉 旅宿 上松や 公式サイト

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第三十七回 石川・能登『よしが浦温泉 ランプの宿』

人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」のVICTORY特別版。今回は、池田氏がビジネスの世界に飛び込んだばかりの頃に訪れた思い出の温泉を推薦した。

victorysportsnews

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第三十六回 東京・品川区『武蔵小山温泉 清水湯』

VICTORYでは、その人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」の特別版を掲載。今回は、番組のアシスタントを務める文化放送・舘谷春香アナウンサーが、池田氏もなじみのある東京都内の銭湯を推薦した。

victorysportsnews
別所温泉街 (C)photolibrary
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部