田中利幸選手とパートナー馬「タルマダルー」/(C)乗馬クラブクレイン
VICTORY

馬の表情で結果を予測?あえて選手を脇役にする馬術の楽しみ方

東京五輪で89年ぶりのメダル獲得が期待されている「総合馬術 団体」。実現すれば、オリンピックの馬術としては、1932年ロス大会で獲得した金メダルから89年ぶりとなる。趣味としての「乗馬」人気も高まっており、馬と触れ合う癒し効果と運動機会を求め、昨年比1.5倍の体験予約が入った乗馬クラブもあるという。総合馬術の五輪代表選手であり2020年3月にポルトガルで開催された国際大会で個人優勝を勝ち取っている田中利幸選手に競技の見どころと、乗馬の楽しみ方を伺った。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter