名前山本和行(ヤマモトカズユキ)
生年月日1949年6月30日
日本
出身広島県広島市
プロフィール広島商業高校時代の2年夏、甲子園に出場するも初戦敗退。亜細亜大学では新球フォークを武器に、4年春にシーズン9勝でリーグ戦優勝、全日本選手権でも優勝。大学4年通算33勝をマーク。

1971年ドラフト1位で阪神に入団。初年度から、先発にリリーフにフル回転。1976年にはキャリアハイの67試合に登板して、18セーブをマーク。後に先発に転向すると、1980年から2年連続で二桁勝利。1982年からチーム事情でリリーフ再転向。同年は15勝26セーブで最優秀救援投手タイトル獲得。1984年も34SPで2度目のタイトル。同年オフにメジャー挑戦希望するも球団から認められず阪神残留。

1985年、中西清起とのダブルストッパーで阪神快進撃を牽引。しかしリーグ優勝目前の9月、アキレス腱断裂で戦線離脱。1986年、怪我を克服して、11勝3敗15セーブ、防御率1.67と完全復活。しかし、1987年から不調に陥り、コーチ兼任となった1988年、現役引退。

通算700試合登板は阪神球団記録。1992〜1995年広島投手コーチを経て、野球解説者に転身。

通算成績は700試合、116勝106敗130S、防御率3.66、1,817回2/3、1,252奪三振。最優秀救援投手2回。広島商業卒、亜細亜大学卒、左投左打、175cm、78kg

亜細亜大学時代にフォークを覚えて、4年春に大学日本一達成

山本和行は、広島県広島市で生まれて、地元の名門・広島商業高校へ進学します。1学年先輩の三村敏之が1番を務めるチームで、2年生ながらエースに就任しました。夏の県予選決勝では、見事な3安打完封で自身初の甲子園出場を決めます。本戦でも桐生高校打線を6安打に抑えましたが、効果的に得点されて1-3で初戦敗退しました。

卒業後は亜細亜大学に進学します。高校時代は速球一本で通用しましたが、レベルが上がる大学野球ではそうはいかず、フォークボールを習得しました。2年から東都リーグで登板を重ねると、4年春に歴代1位タイのシーズン9勝をマークして自身初優勝を実現します。そのまま全日本大学野球選手権大会でもチームを日本一に導くなど、4年間で通算33勝を積み上げました。

ドラフト1位で阪神に入団し、リリーフエースとして活躍

1971年ドラフト会議では、即戦力投手として大きく注目されます。希望球団を聞かれると、ON(王貞治、長嶋茂雄)と対決したいことを理由に、巨人以外と答えると、阪神タイガースが1位指名して希望が叶いました。ルーキーから開幕一軍切符を手にし、巨人戦でプロ初登板します。しかしONそれぞれに安打を打たれるなどプロの洗礼を受けました。

それでも初年度から先発にリリーフに登板し、即戦力としての力を見せ付けます。4年目からは、リリーフ適正を評価されて、登板数を増やしました。1976年には、チーム最多の67試合に登板して、6勝3敗18セーブ、防御率2.92の成績を残します。翌年は、リーグ最多の58試合に登板して9勝5敗9セーブと、完全に阪神リリーフエースとして貢献しました。

先発に転向後、ローテーション柱として2年連続二桁勝利

1978年、後藤次男が監督に就任すると、山本和行を手薄だった先発に再配置します。初めて規定投球回数をクリアしましたが、2年間不本意な成績に終わりました。しかし1980年には、巨人から加入した小林繁とともに左右の柱となります。同年から2年連続で二桁勝利、投球回数200イニング以上、防御率3点台と先発でも安定した成績を残しました。

2度最優秀救援投手に輝き、メジャー挑戦を球団に訴える

1982年に、安藤統男が新たに監督として指揮を執ると、リリーフに再転向します。経験のあるポジション復帰は難なくこなし、チームの守護神としてしっかりとした働きを見せました。全試合数の約半数にあたる63試合に登板すると、15勝8敗26セーブ、防御率2.41と勝ち星、セーブ数、防御率でキャリアハイの成績を残します。史上初めて40セーブポイント越えを達成して、自身初の最優秀救援投手タイトルを手にしました。

1984年も、10勝8敗24セーブの活躍で、自身2度目の最優秀救援投手に輝きます。まさにリーグを代表するリリーフエースとなった山本和行は、同年オフにまさかの大リーグ挑戦をぶち上げました。かつてハワイキャンプを行った際に、メジャーに誘われており、ロサンゼルス・ドジャースと年俸や背番号なども全て決まります。ところが、当時は現在と異なりFAやポスティングもない時代でした。阪神球団としても強力な戦力の山本を手離すという選択肢はありません。こうして35歳でのメジャー挑戦は泡と消えました。

チームは日本一達成も、終盤にアキレス腱断裂して戦線離脱

1985年、メジャー移籍騒動の影響などなく、開幕から守護神としての活躍を続けます。同年は、2年目右腕の中西清起とともにダブルストッパーの一角を担いました。阪神は、ランディー・バース、掛布雅之、岡田彰布の強力クリーンナップを中心に、セ・リーグ首位争いの中心となります。反面、投手力は例年通り弱く、山本和行の出番も増えていきました。

シーズン中に、通算100勝100セーブを達成し、勝負の9月を迎えます。しかし、9月初旬の練習中に左足アキレス腱断裂して、まさかの戦線離脱となりました。その後の守護神は中西一人が務め、21年ぶり優勝を決めた試合でも胴上げ投手となります。圧倒的な打力を誇るチームは、日本シリーズでも西武ライオンズを下して、38年ぶりの日本一も達成しました。山本はもちろん一軍登録抹消されていましたが、日本一を決めた試合には球場に姿を見せます。そして優勝の原動力の一人として、ナインから胴上げされました。

怪我から完全復活を見せるも、その後は衰えが目立ち現役引退

1986年、チームは連覇を目指してシーズンスタートし、怪我が癒えた山本和行は、前年どおり中西清起とダブルストッパーとして働きます。怪我と年齢の壁も克服すると、登板数こそ中西を下回る49試合でしたが、11勝3敗15セーブ、防御率1.67という完璧な守護神として復活を見せました。しかし、翌年から2年連続で登板数、防御率を落とします。

コーチ兼任となった1988年限りで現役引退を決意しましたが、プロ17年間で登板した700試合と言う数字は、阪神球団最多記録となりました。引退後は、解説者生活を経て、1992年から広島東洋カープのコーチに就任します。一軍、二軍投手コーチを4シーズン務めて退団後は、ユニフォームから遠ざかっています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。