@KOSÉ Corporation

どういった衣装で、どういう曲なのか?どんな女性を、どう演じたいのか?

――本田真凜選手がここ一年くらいで本当に綺麗になりました。びっくりするくらい大人びてしまって。彼女のメイク指導もされているとか。

石井 ジュニア時代はかわいいメイクだったんですよ。衣装も然り、全体的な演技構成であったりもそうですが。特に「眉」なんです。眉の変化に気が付かれた方もいらっしゃるかもしれません。以前は子供らしい、ちょっと八の字眉だったのですが、修正の仕方を教えてあげたら、今は大人の女性っぽい眉になりました。口紅もハリと艶のあるものにして。

――今シーズンのFS『トゥーランドット』は、「女王のプログラムだから」というようなコメントをしていました。おなじ曲で金メダリストになった荒川静香さんは、当時かなり大人っぽかったので、そのあたりの意識もあるのかもしれませんね。

石井 本田選手はメイクが上手なんです。メイクアップアーティストに憧れている、って言うぐらいで。いつもトレンドを取り入れていますね。

――メイクアップアーティストは競技時にバックヤードに入れるのですか?

石井 入れますが、我々は競技会のエキシビションとアイスショーに限ってやっています。選手たちはそれぞれ独自のルーティンがあるようで、競技本番前は、自分自身の集中力を高めています。例えばですが、朝はどちらの足から靴を履くとか、メイクをどこから仕上げるとか、細かく決めている選手もいます。

――験担ぎもあるのかもしれませんね。

石井 選手から聞いたはなしですが、「アイラインを上手に引けたから今日はうまくいく」みたいなのはあるそうです。メイクが自分の中での“スイッチ”になっているようです。

――化粧はある意味、戦闘着ですからね。日本でのエキシビションとショーは全般的にやられているのですか?

石井 NHK杯、全日本、今年はグランプリファイナルが日本開催なので、そこにも伺います。アイスショーは、コーセーがネーミングライツを持っている「コーセー新横浜スケートセンター」での『Dreams on Ice』を中心にお手伝いしています。

――メイクの相談は、前もって選手から衣装の資料が送られて来るのですか?

石井 基本当日ですね。シーズン前のアイスショーが新プログラムのお披露目になることが多いので、その時に「こんなメイクがいいのでは」と提案します。メイクルームで、今回どういった衣装で、どういう曲なのか?どんな女性を演じたいのか? それを聞いた上で、相談しながらメイクを仕上げます。

――メイクブースでプログラム曲を聴いたりしますか?

石井 聴きますよ。選手に歌ってもらうこともあります。冗談を言いあったり。メイクブースはいつも賑やかです。

©Getty Images@KOSÉ Corporation

――会場では何人体制でやっているのでしょうか?

石井 3人です。フィギュアスケートは10年くらいサポートしていますが、当初から同じ3人で継続してやっています。だいたい30分刻みで予約表を作るのですが、3枠しかないので、最大30分で3人。選手は自分の練習や出番を考えて、表に名前を記入します。

――美容室のように予約を入れるのですね?

石井 そうです。ピーク時は戦場と化しますからね。はい終わった、次!みたいな感じで。

――競技本番では自分でメイクするわけですね?

石井 そうです。なので、自分で出来るように指導したりもします。その際に、紙にHow toを描いたりデザインを描いたりします。

――国際大会が日常ですが、海外の選手のメイクについてどう思われますか?

石井 ロシア人選手はメイクが全体的に上手いなと思います。曲に合わせた表現力や、美意識が高い。

――男子選手のメイクもされますか?

石井 海外の選手はたまにメイクすることもあります。アダム・リッポン選手に「バカンスで日やけしたようなメイクをしてくれ」と頼まれたことがありました。ベースを暗くしながら チークをダブルゾーンに入れたりして。

@KOSÉ Corporation@KOSÉ Corporation

氷上でのメイクは、“観ている人に”どう響かせるかが重要

――選手によってメイクへのこだわりが違うと思いますが。

石井 そうですね。自分の化粧法にこだわりのある選手はいます。その際はお客さんや審査員ももちろんですけど、観ている人にどう響かせるかが大切だということを話すようにしています。メイクは世界観をつくる大事な表現の一環なので、衣装を着て試合となったときは、「ちゃんとこのくらいまで演出したほうがいいよね」と、ちゃんと説明します。

―― コーチも石井さんのことを信頼されてますよね。若い選手は特に、普段のメイクと氷上での映り方の違いがわからないかもしれません。照明の影響も受けますし。

石井 自分が似合わないと思いこんでいるところがあるように思います。でも実際は似合うんですよ。なのでプロフェッショナルとしての提案はします。

――メイクが上手だなと思った選手はどなたですか?

石井 浅田真央選手の『リチュアルダンス』はよかったと思います。演技や曲、衣装に合わせたアイメイクやレッドリップ、指先までこだわっていました。また、本田選手はトレンドをうまく取り入れて、いろいろ工夫しています。本人も向上心があって面白いですよ。

――今まで提案してきた中で特に良かったと思うメイクは?

石井 本郷選手の『シルクドソレイユ』と『スリラー』ですかね。彼女の持ち味とプログラムの世界観がマッチしていました。

――アイスショーでの『シルクドソレイユ』はとても大胆なメイクで話題になりました。衣装も個性的で。

石井 本郷選手は提案したメイクを再現してくれるので、表現の幅が広がります。シルクドソレイユの時も「お任せします」と言ってくれたので、目の周りにブルーのラインを結構激しく使いました。新横浜で4回公演だったのですが、3回までは私がメイクして、最終回は自分でやってもらったんです。ちゃんと再現していました。

@KOSÉ Corporation@KOSÉ Corporation

営業からメイクアップアーティストに

――ここからは、石井さんご自身のことをお聞きします。どういう経緯でメイクの道に進まれたのですか。

石井 メイクには入社当初から興味がありました。当時は営業しながらメイクもできればいいかなと考えていたのですが、いろんなタイミングに恵まれて今の部署に入り、実際メイクアップアーティストというポジションにつけたという感じです。


――小さい頃からお化粧に興味があったとか?

石井 メイクが好きというより美術が得意でした。 絵を描くのが好きだったんです。何かものを作ったり、何でも描いてましたよ。普通の風景画から漫画から、色々真似て描くのが得意でした。

@KOSÉ Corporation@KOSÉ Corporation

――メイクのアイデアは、どんなところからインスピレーションを得ていますか?

石井 これは様々です。映画もそうですけど、出張先の風景だとかも。素敵な景色に出会った時は、「こういったパレットだったら綺麗だな」とか、「この夕焼けのグラデーションいいな」とか、記憶に留めておきます。

――パレットは、メイクの専門家によって並べ方は違うのでしょうか?

石井 みなさん自分流の並べ方だと思います。私の場合は、基本色数はバシッと揃えます。選手たちもカラフルにたくさん揃っている方が、夢の国みたいじゃないですか。

――家だと少ししかないですからね。

©Getty Images

“水の中で一番主張する色”を必ず取り入れる、シンクロのメイク。

――石井さんは、シンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修もされています。その活動をお話しください。これは水泳連盟からの依頼だったのでしょうか?

石井 そうです。コーセーは日本スケート連盟のほかにも、日本水泳連盟などと「オフィシャルパートナー契約」を結んでいます。シンクロナイズドスイミングでも、“スポーツをするときも美しく”というコンセプトのもとに、競技会でのメイクの提案と講習会を実施しています。

――シンクロはフィギュアよりもさらにアーティスティックなメイクが多いような気がしますが。

石井 最近はメイクのチェックが入りまして、大会中に審査員のチェックを受けるようになったんです。あまりに過度なメイクはダメになりました。日本人の平面顔をいかに立体的に見せるかというところに気を使っています。

――とても華やかなイメージがあります。演者がたくさんいるので余計にそう感じるのかもしれませんが。

石井 シンクロが一番求めているのは、衣装と合わせたメイクです。水の中で一番主張する色を必ず取り入れるようにします。それが赤だったら、同色の赤いリップをつけるとか。グリーンだったら、グリーンのアイシャドウを入れるとか。その辺の意識はフィギュアよりも高いかもしれません。

――コーチの意見は強いのでしょうか?

石井 僕がデザインを考えて、コーチといっしょに最終決定していく感じです。

――シンクロも競技会では自分でメイクをするのですよね?仕上がりも他の選手とシンクロする必要がある。

石井 そうです。それで全員並ばせて、遠くから「あの子はもっと描き込まなきゃ」とか、「この子だけ派手過ぎるだろう」とか、細かくチェックをします。オリンピックでは「メイクが競技中に落ちなくて、試合に集中できました」というコメントをいただきました。それはシンクロだけじゃなく、フィギュアにもつながるのかなと思っています。

©Getty Images

メイク・トレンドの最先端を行くフィギュアスケート

――アスリートへのメイクにトレンドを取り入れるということですが、具体的にどのようなリサーチをされているのでしょうか?

石井 我々の部署も、今年はこの手のメイクが来るんじゃないかという予想をして、常に発信しています。実際に店頭で売れている色もすぐにわかるので、アスリートのメイクには取り入れています。

――例えば服なら、コレクションがNY、ロンドン、ミラノ、パリとまわりますが、メイクの傾向もその辺りからチェックをしたりするのでしょうか?

石井 基本そうですね。そこに独自のリサーチを加え、総合して新しいメイクの提案をしています。なので、ほぼファッションと同じような傾向で流行が決まっていきます。

 フィギュアスケートのメイクは基本ナチュラルですが、トレンドの要素は意識して入れるようにしています。フィギュアのメイクを見ればトレンドが分かる、というぐらいで考えていただいてもかまいません。

@KOSÉ Corporation

――石井さんがメイクの仕事で心がけている事はなんですか?

石井 「仮面にならないように」ということでしょうか。その人の個性を引き立てつつ、さらなる魅力を最大限に引き上げる、ということですかね。

――今日は、ありがとうございました。

<了>

@KOSÉ Corporation

石井 勲 ISAO ISHII/Make-up Artist

コーセーメイクアップアーティスト。自社ブランドの毎シーズンのメイクアップデザインやCM、雑誌、ショーメイクのほか、シンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修、フィギュアスケートのメイクやアドバイスなどアスリートの美にも幅広く関わる。

株式会社コーセー
https://www.kose.co.jp/jp/ja/

株式会社コーセー

宮原知子が描く“日本女性の美しさ” 苦難の日々が導いた滑る喜びと新たな魅力

熱戦が繰り広げられる平昌オリンピック、21日からはいよいよフィギュアスケート女子シングルが始まる。羽生結弦が66年ぶりの2連覇、宇野昌磨も初出場で銀メダルと、男子が歴史的な快挙を成し遂げた中、女子にかかる期待もまた大きくなっている。ソチオリンピックの代表落選から4年。大きく成長を遂げた宮原知子は、平昌の舞台にどんな想いを抱いているのだろうか。苦難の日々と、新たに放つ魅力の源泉を振り返る――。(文=沢田聡子)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

坂本花織の新たな魅力を引き出す『アメリ』 シニア1年目の戸惑いから強くなった理由

羽生結弦、宇野昌磨が歴史的快挙を成し遂げた平昌オリンピック、フィギュアスケート男子シングル。21日からはいよいよ女子シングルが始まる。今季シニアデビューを果たした坂本花織は、1年目にして平昌オリンピックへの出場権を手にした。順風満帆にも見えるデビューイヤーだが、環境の変化に戸惑いも感じていた。坂本はいかにして新たな魅力と強さを手にしたのか、その日々を振り返る――。(文=沢田聡子)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

羽生結弦=安倍晴明は、世界に呪(しゅ)をかける。完全復活を掛けて挑む『SEIMEI』

フィギュアスケーターの生命線ともいえる足に大怪我を負った羽生結弦が帰ってきた。世界が待ち望んだこの瞬間に、自身も緊張と喜びをにじませている。今月2月3日は晴明神社の節分星祭であった。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の節目だという。開会式で韓国国旗の太極(陰陽)が随所に演出されていたのも、ソチ五輪開会式での『トゥーランドット』を思い出させた。風が良い方向に吹き始めている。ここでは著書『氷上秘話』(東邦出版)より『SEIMEI』についての考察をお届けしたい。羽生選手の周りにたくさんの式神が飛んでいるのが見えるはずだ。文=いとうやまね

VICTORY ALL SPORTS NEWS

[引退]浅田真央の美しき記憶〜「最高傑作」/FS『ラフマニノフ・ピアノ協奏曲・第2番』

「その羽は青く鋭い光を放ち、豊かな翼と長い尾を飾る。雲のその上の宮殿に住み、この世の鳥族の頂点に君臨する。美しき青い鳥は、鷲の強さと、鳩の優しさを併せ持つといわれる」。幸運をもたらす「青い鳥」はロシアの伝承のひとつである。衣装はタチアナ・タラソワから贈られたものだ。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

あの日、世界を魅了した町田樹の『エデンの東』を今一度ひも解く。表現力の原点へ

名プログラム『エデンの東』と、彼の解釈した「ティムシェル」という言葉を、今一度振り返ってみたい。現在も話題をさらっている町田の圧倒的な表現力の原点を、アイスショーシーズン真っ盛りの夏にお届けしたい。なお、内容に触れているので、原書を読まれる方は、その後にお楽しみください。(文=いとうやまね)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

音響デザイナー・矢野桂一が紡ぐ『フィギュアスケート音楽』の世界(前編)

日本のフィギュアスケート界に、矢野桂一という人物がいる。競技会、アイスショー共に、会場での全ての音に関わる仕事をしている。それだけではない。羽生結弦や宇野昌磨といったトップスケーターのプログラム音源の編集や、場合によっては一曲をゼロからまとめ上げることもある。選手たちの最も側にいて、「音」を通して演技を支える、その仕事や哲学に密着する。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

スポーツ写真家・高須力が描く『フィギュアスケート写真』の世界(前編)

アスリートの見せる情熱や興奮、その躍動感や静寂を追い求める写真家・高須力。様々なスポーツ誌の表紙や巻頭を飾る髙須氏の仕事を紹介したい。第一回は、羽生結弦、浅田真央といったトップスケーターに迫った「フィギュアスケート写真」について。第二回は、間もなく開催される写真展に焦点を当て、髙須氏のスポーツ写真哲学に触れる。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
いとうやまね

著者プロフィール いとうやまね

インターブランド、他でクリエイティブ・ディレクターとしてCI、VI開発に携わる。後に、コピーライターに転向。著書は『氷上秘話 フィギュアスケート楽曲・プログラムの知られざる世界』『フットボールde国歌大合唱!』(東邦出版)『プロフットボーラーの家族の肖像』(カンゼン)他、がある。サッカー専門TV、実況中継のリサーチャーとしても活動。