軽量級を中心に90人の世界王者

©Kyodo News/Getty Images

日本ボクシングコミッション(JBC)管轄下では白井義男に始まり、昨年12月にIBFスーパー・フェザー級王座を獲得した尾川堅一(帝拳)まで、実に90人の世界王者が誕生している。余談だが、JBCそのものが白井の世界挑戦に合わせて組織されたものだから、こちらの歴史も66年ということになる。

世界王者の分布を階級別に見てみよう。
■ミニマム級(約47.6キロ以下)=13人
■ライト・フライ級(約48.9キロ以下)=14人
■フライ級(約50.8キロ以下)=18人
■スーパー・フライ級(約52.1キロ以下)=15人
■バンタム級(約53.5キロ以下)=9人
■スーパー・バンタム級(約55.3キロ以下)=10人
となっている。これらを軽量級の括りとすると6階級で合計79人となる。

それより重い中軽量級カテゴリーとなると
■フェザー級(約57.1キロ以下)=6人
■スーパー・フェザー級(約58.9キロ以下)=10人
■ライト級(約61.2キロ以下)=5人
■スーパー・ライト級(約63.5キロ以下)=3人
4階級で合計24人と軽量級よりも大幅に王者数は減る。

さらに重い中重量級枠となると
■ウェルター級(約66.6キロ以下)=0
■スーパー・ウェルター級(約69.8キロ以下)=4人
■ミドル級(約72.5キロ以下)=2人
3階級で合計6人と急減する。

すべてを合わせると優に90を超えてしまうが、これは井岡一翔(井岡)や長谷川穂積(真正)のように、ひとりで複数階級を制覇した選手がいるためだ。

こうした数字からも分かるように、日本は軽量級で優秀な選手を数多く輩出している国であるといっていいだろう。メキシコをはじめとする中南米、フィリピンやタイなどとともに日本は軽量級マーケットの中心的な位置にいるといいえる。現役世界王者をみてもミニマム級=2人(山中竜也、京口紘人)、ライト・フライ級=2人(田口良一、拳四朗)、フライ級=2人(比嘉大吾、木村翔)、スーパー・フライ級=1人(井上尚弥)、スーパー・バンタム級=1人(岩佐亮佑)、スーパー・フェザー級=1人(尾川堅一)、ライト級=1人(ホルヘ・リナレス)、ミドル級=1人(村田諒太)となっており、やはり軽いクラスに世界王者が集中している。

実力勝ちで戴冠というケースが増えた

©The Asahi Shimbun/Getty Images

日本のボクシング界が軽量級中心であることは昔もいまも変わらないが、諸外国と比べて各階級とも全体的な実力は確実に上がっているといっていいだろう。その証拠に以前は予想を覆して新王者になるケースが目立っていたが、近年は実力勝ちして戴冠を果たす選手が数多くいるのだ。

たとえば1971年(昭和46年)にスーパー・ウェルター級(当時の呼称はジュニア・ミドル級)王座を獲得した輪島功一(三迫)などは、奇襲を成功させた例として挙げることができる。実力で上回る相手に対し、工夫に工夫を重ねて攻略して戴冠を果たしたといっていいだろう。世界初挑戦時を振り返って輪島は「相手の方が実力は上なんだから、まともに戦ったら勝てない。だからやれることはなんでもやった」と話している。あらぬ方向を向いて相手の注意を逸らす「あっち向いてホイ」、さらに座ったような姿勢からジャンプしてパンチを繰り出す「カエル跳び」などの秘策がそれだ。

世界挑戦に失敗した場合でも、たとえば「ミスター・ノックアウト」と呼ばれたバンタム級王者のルーベン・オリバレス(メキシコ)に挑んだ金沢和良(アベ)のように、KO負け寸前から破れかぶれで立ち向かった例もあった。いわゆる玉砕である。こうした伝統が引き継がれてきたため、海外の選手や関係者の間では「日本のボクサーは技術力的には驚くほどのものはないが、気持ちが強い。勝負が見えても諦めないので怖い」といわれるようになっていったようだ。

しかし、80年代以降は日本の挑戦者が総合的な実力で相手を凌駕して世界王座をつかむケースが格段に増えた。これは階級の増加だけでなく、奇しくもIBF(1983年)、WBO(88年)の設立以降というタイミング、背景とも一致している。近年では内山高志(ワタナベ)や井岡一翔、そして井上尚弥(大橋)らが挑戦試合でも実力を誇示したうえで勝つべくして勝った典型例といえる。

ボディブローの技術レベルが格段にアップ

©Kyodo News/Getty Images

日本のトップ選手たちが世界の舞台でもスピードやスキルでも上回って成果を出せるようになったといえるが、総じて大きな武器になっているのがボディブローだ。かつてボディブローというと日本の選手は世界戦で被弾する立場の方がはるかに多かった。エデル・ジョフレ(ブラジル)のボディブローを浴びて悶絶した青木勝利(三鷹)、センサク・ムアンスリン(タイ)にボディブローで倒されたガッツ石松(ヨネクラ)、アレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)の左ボディブローを被弾して苦悶の表情をうかべながら10カウントを聞かされたロイヤル小林(国際)……大舞台で日本のトップ選手たちはボディブローに散々泣かされてきた。

しかし、近年は大きく様変わりしているといっていいだろう。90年前後からだけでも、大橋秀行(ヨネクラ)、辰吉丈一郎(大阪帝拳)が巧みなボディ打ちで世界制覇を成し遂げている。日本に初の世界ミドル級王座をもたらした竹原慎二(沖)も左のボディブローで王者から値千金のダウンを奪っている。21世紀に入ってからも佐藤修(協栄)、井岡一翔、内山高志、井上尚弥らがタイミング抜群のボディ打ちで勝負をつけた試合がある。山中慎介(帝拳)も左のボディストレートが巧みだった。つい最近では今年2月、比嘉大吾(白井・具志堅)が右ストレートのボディブローで2度目の防衛を果たしたばかりだ。選手個々の努力はもちろんのこと、指導陣の意識が上がり、同時に知識が格段に増えたことで底上げが成功しているといっていいだろう。

こうしたなか、このあと3月中旬から5下旬にかけて国内では下記のように数々の世界戦が予定されている。

<3月18日@神戸ポートピアホテル>
★WBOミニマム級タイトルマッチ 王者・山中竜也(真正)対モイセス・カジェロス(ベネズエラ)
★WBAライト・フライ級王座決定戦 カルロス・カニサレス(ニカラグア)対小西伶弥(真正)

<4月15日@横浜アリーナ>
★WBAミドル級タイトルマッチ 王者・村田諒太(帝拳)対エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)
★WBCフライ級タイトルマッチ 王者・比嘉大吾(白井・具志堅)対クリストファー・ロサレス(ニカラグア)
★WBCライト・フライ級タイトルマッチ 王者・拳四朗(BMB)対ガニガン・ロペス(メキシコ)

<5月25日@東京・大田区総合体育館>
★WBAバンタム級タイトルマッチ ジェイミー・マクドネル(英)対井上尚弥(大橋)

ボディブローによる決着が考えられるカードもある。春の陣が楽しみだ。

堤駿斗、史上最強の高校生ボクサーが狙う東京五輪金メダル

3月8日、千葉県習志野市で行われた同市立習志野高校の卒業式では、2016年に日本ボクシング史上初めて世界ユース選手権を制した堤駿斗(18)も旅立ちを迎えた。入学当初から2020年東京五輪での金メダル獲得を目標に掲げ、それに現実味を帯びさせてきた「史上最強の高校生」の挫折から栄光までを振り返りたい。(文=善理俊哉)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

井上尚弥は、なぜ圧倒的に強いのか? 大橋秀行会長に訊く(前編)

さる5月21日、WBO世界スーパーフライ級2位のリカルド・ロドリゲス(アメリカ)にTKO勝ち。WBO世界スーパーフライ級王座の、5度目の防衛に成功した井上尚弥。その衝撃的な強さの秘密はどこにあるのか? 井上を育てた大橋ジム・大橋秀行会長に伺った。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ネリが見せた比類なき“ヒール”、次のターゲットは井上尚弥か

大きな注目を集めたバンタム級元王者の山中慎介(帝拳)と前王者ネリ(メキシコ)のリターンマッチは、2回TKOで前王者が勝利した。3階級上のウェイトで試合に臨んだネリは試合後にドーピングや体重超過がなかったかのように歓喜を爆発させ、リング上でインタビューに応じ、記念撮影もしてみせた。ファイトマネーも手にし、日本を「重要なビジネスの場」と位置付けているネリ側は、日本で付いた「ヒール」のイメージを武器に、次の戦いも模索している。(文=善理俊哉)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

山中慎介、伝家の宝刀「神の左」 KO奪取の秘訣は「距離感と下半身」

昨年8月、山中慎介(35=帝拳)は高校時代を過ごした京都でルイス・ネリ(23=メキシコ)に4回TKO負けを喫し、5年9カ月の長期にわたって12度防衛してきたWBC世界バンタム級王座を失った。3月1日にはリベンジと返り咲きを狙って東京・両国国技館でネリとの再戦に臨む。互いに手の内を知っているサウスポーの強打者同士だけにKO決着は必至といえる。勝負そのものはゴングを待たなければならないが、どんな結果が出たとしても変わらないものがある。それは山中のV12という実績と左ストレートのインパクトの強さだ。戴冠試合とネリとの初戦を含めた14度の世界戦の戦績は13勝(9KO)1敗。世界中の猛者を相手にする大舞台で記した数字としては驚異的なものといっていいだろう。しかもKOに結びつけたダウンのほとんどが「神の左」によるものである点も興味深い。選手生命を賭したリベンジマッチを前に、山中の半生をあらためて振り返り、そしてKO量産の秘訣を分析してみよう。(文=原功)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

村田諒太の“判定問題”の背景。足並み揃わぬボクシング4団体の弊害か

5月20日のWBAミドル級王座決定戦における村田諒太の“疑惑の判定”を巡る議論は未だ収束せずにいる。議論の中で、ジャッジのミスや不正ではなく、団体間の採点ルールの違いを指摘する意見を目にした人もいるのではないか。問題の背景には、世界のボクシング界に4団体が“乱立”することの弊害も垣間見える。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
原功

著者プロフィール 原功

1959年4月7日、埼玉県深谷市生まれ。82年にベースボール・マガジン社に入社し、『ボクシング・マガジン』の編集に携わる。88年から99年まで同誌編集長を務め、2001年にフリーのライターに。 以来、WOWOW『エキサイトマッチ』の構成を現在まで16年間担当。著書に『名勝負の真実・日本編』『名勝負の真実・世界編』『タツキ』など。現在は専門サイト『ボクシングモバイル』の編集長を務める。