©Getty Images
VICTORY

ヴィニシウス・ジュニオール、レアルが56億円を出す17歳の才能とは?

ペレがスウェーデンで開催されたW杯でブラジル代表を優勝に導いたのは17歳のときだった。ロシアでW杯が開催される2018年、ブラジルでは再び17歳の少年が大きな注目を集めている。フラメンゴに所属するFWヴィニシウス・ジュニオール。プロのキャリア2年目だが、16歳ですでにスペインの名門レアル・マドリーと契約を結んでいる。14日にはリベルタドーレス杯デビューを飾り、途中出場から2ゴールを挙げてフラメンギスタ(フラメンゴのファン)を熱狂させている王国の新たな至宝について、藤原清美さんに伝えてもらう。(文=藤原清美)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 48
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/03/22 10:21

    素晴らしい選手ですね。
    スキルや加速も素晴らしいですが、特に急減速の動きには特筆すべきものがあると思います。
    その直後に急加速できる状態での急減速ができています。
    急減速からの急加速のセットが使えるのは、トップレベルで活躍する選手の共通項ですから、そういう意味でも今後が楽しみです。

    もっと読む
  • 8
    坂本 英明

    元日本サッカー協会認定 選手代理人 2018/03/26 12:46

    フランスの新10番、キリアン・ムバッペも19歳。欧州クラブの先行投資は加速していく。このブラジルの天才児が真のスターになれるかも、やはりメンタリティか。
    青田買いの加速により、メンタル面の課題が更にクローズアップされそうな日本人選手にも、協会をあげて取り組んで頂きたい。

    もっと読む
  • 1
    FOOT×BULLETIN

    2018/03/26 14:39

    ネイマールが21でヨーロッパに渡ったことを遅かったと捉えるのか、適切だったと捉えるのか。個人的には遅かったからこそ、あんなサーカスプレーヤーになってしまったのではないかと考える

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter