©GettyImages
VICTORY

ハリル解任。JFAが捨てたのは、コアファンの信頼である

2018年4月9日、日本サッカー協会は2015年3月12日より3年以上サッカー日本代表の指揮を取ったヴァイド・ハリルホジッチ監督の契約を解除した。(文:澤山大輔[VICTORY編集部])

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(11)

  • 195
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2018/04/17 22:44

    「萎えた」「さめた」の声が多く見られるというが、同様に「解任 賛成」などのワードで検索すればたくさんのそうした声が見つかる。自分のまわりにいる、自分と似た考えの人の、自分が聴きたい声をピックアップしているに過ぎないのではないか。少なくとも「有意に多い」と断言できるような調査方法ではない。(※なお、僕自身もサッカー日本代表に対して何らかの発言を行なうクチであるが、「解任も仕方なし」と考える僕の意見は意図的に排除されているのだろうか。そんな意見は受け入れたくないし、愚か者の戯言として聞く気もないということか)

    また、記事中に視聴率の記載があるが「ハリルホジッチ監督の最高傑作と目される2017年8月31日のオーストラリア戦(19時30分~)」の視聴率は、ビデオリサーチ社の調べで「平均24.2%(関東地区)」である。(※記事のように瞬間最高視聴率のみをあげるのはミスリードであり、数字の扱いに問題がある)

    ここで過去のワールドカップ出場決定試合の地上波中継視聴率を、ビデオリサーチ社調べの関東地区の数字から見ていく。

    ●2014年大会
    2013年6月4日の日本VSオーストラリア戦(19時30分~)
    平均視聴率38.6%、瞬間最高視聴率46.3%

    ●2010年大会
    2009年6月6日の日本VSウズベキスタン戦(22時54分~)
    平均視聴率24.4%、瞬間最高視聴率29.1%

    ●2006年大会
    2005年6月8日の日本VS北朝鮮戦(19時22分~)
    平均視聴率43.4%、瞬間最高視聴率58.0%

    ●2002年大会
    ※開催国につき予選ナシ

    ●1998年大会
    1997年11月16日の日本VSイラン戦(21時50分~)
    平均視聴率47.9% (※瞬間最高視聴率調べられず)

    一般に、出場決定試合の視聴率というのは出場権が決まる試合終了付近が高くなるもの。その意味では深夜1時をまわろうかという時間の決着になる、2010年大会は瞬間最高視聴率という面では不利であるにもかかわらず、平均視聴率では2018年大会を上回っている。ハリルホジッチ監督とともに戦った日本代表は、この20年でもっとも「世間からの関心が低い」代表という可能性が高いわけだ。あの不人気で知られる岡田ジャパンよりも、である。

    衛星放送での観戦や、スポーツバーでの観戦などライフスタイルの変化がもたらしたものではないかという意見も当然出るだろうが、平昌五輪の男子フィギュアスケートの地上波中継が、ビデオリサーチ社調べで関東地区の平均視聴率33.9%、瞬間最高視聴率46.0%だったことを考えると、本当に注目されているイベントならば現代のライフスタイルにおいてもそのぐらいの数字は出ないといけないように思う。コアファンなる者が萎える以前に、世間の関心は少しずつ離れてしまっていると考えるべきだろう。

    そうした状況のなかで、たかが監督の交代で「萎えた」り「さめた」りする人が本当に「コアファン」なる存在なのだろうかと、強く疑問に思う。かの野比のび太氏は「ほんとのファンなら落ち目の時にこそおうえんしなくちゃ」と言ったが、今この逆境にあって、萎えたりさめたりしている人はきっと本当のファンではないのだろう。もう自分が熱くなれないように感じている人は、そもそも燃えてなどいなかったのだろう。

    そういう人は一体何を応援しているのだろうか?

    苦言を呈するのはそれぞれの意見だが、この程度のことで萎えたりさめたりするのはニセモノだと思う。

    欧州・南米の長い歴史を追いかけて100年先まで頑張っていこうという意志があるのなら、こんなところで萎えたりさめたりできるはずがない。


    もっと読む
  • 141
    サワヤマ

    2018/04/17 17:22

    ちょいアップ遅れたんですが、4月11日ぐらいの気持ちです。

    もっと読む
  • 41
    森本美行

    fangate(株) 代表取締役/一般社団法人日本スポーツマンシップ教会理事 2018/04/19 08:42

    「萎えた」「冷めた」とSNSで書き込むのがコアサポーターなら、そういう書き込みしながらも試合が始まったらしっかり応援するのもコアサポーターだと思う。コアサポーターにとって自分の思った事を表現出来る場所が増えただけでそこに必要以上に反応する必要はない気がする。むしろワールドカップイヤーなのにこの盛り上がり感の無さ、主な話題は正に監督解任の報道というのが寂しい限りだ。どこかの朝の情報番組でやっていたが、今年のW杯の開催地、監督の名前(解任前)、5人以上代表選手の名前知っている人、それぞれ全て20%前後だったと思う。今回の決定は覆らないのだからこの決定が良い方向に向かうよう応援していきたいと思う。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter