外国人枠の撤廃でネックになることとは

この先、議論が活発化しそうだ。
一部スポーツ紙で報じられたJリーグの外国人枠撤廃の動きである。現在、外国人選手の登録人数は1チーム4人以内。その内訳は「外国人枠3人+AFC(アジアサッカー連盟)枠1人」。ただし、アジア中心のJリーグ提携国枠は、日本人選手と同じ扱いになる。

ちなみに、アジア中心のJリーグ提携国はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの計8カ国だ(※2017年まではイランも)。

J1で活躍中のティーラシン(サンフレッチェ広島)とチャナティップ(コンサドーレ札幌)のタイ勢は、この提携国枠にカウントされる。つまり、3人しか保有が認められていない外国人枠から「はずれる」わけだ。

最大4人と言えば、スタメンの約半数を占めることになる。それでも提携国枠を使わなければ、過半数(7人)は日本人選手だ。しかし外国人枠を撤廃すれば、日本人選手がスタメンに1人もいない――というケースもあり得るだろう。

実際、EU域内では自国の国籍をもつ選手がほとんどいないクラブもある。FIFA(国際サッカー連盟)はこうした事態を歓迎しておらず、外国人選手のスタメンを5人までに制限する『6+5ルール』の導入を検討してきたほどだ。Jリーグの現行システムも事実上、この「6+5」に準ずる形となっている。

外国枠の撤廃については、これまでにも何度か議論されてきた。そこでネックになってきたのが、日本人選手の出場機会が失われるのではないか――という懸念である。現状においてもなお、なかなか出場機会をつかめない若い世代については、なおさらだろう。

そもそもプロ化した目的の一つは、日本代表の強化にあった。肝心の日本人選手が育たなくては強化も何もない。従来の外国人枠は言わば「保護政策」でもあった。しかし、もはや代表の強化だけがJリーグの目的ではあるまい。よりレベルの高い、魅力的なコンテンツを提供し続けることこそ、大きな目的だろう。

外国人枠を撤廃すれば、世界中から有能なタレントをかき集めたオールスターキャストのチーム編成が可能になる。もちろん、理屈のうえでは。実のところ、先立つものは「枠」以上に「カネ」だろう。

いくら外国人枠を撤廃したところで、カネ(資金力)がなければ、ハイレベルのタレントを集めようがない。Jクラブに分配される、いわゆる「DAZNマネー」の上積み程度では、とうてい世界のトップレベルで活躍する働き盛りのスター選手を獲得するのは困難だ。

しかし、同じスター選手でもキャリアのピークを過ぎたベテランなら、話は変わってくるかもしれない。この夏、ヴィッセル神戸が獲得したスペイン代表のMFアンドレス・イニエスタなどが、そうだ。

神戸は昨夏にも元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキを迎え入れ、一気に2人のワールドクラスを擁することになった。Jリーグ史上初の2ケタを超える移籍金で元ブラジル代表のFWジョーを引き抜いた名古屋グランパスを含め、莫大な補強費を捻出できるJクラブならば、外国人枠の撤廃は追い風だろう。

自国選手のレベルを落とさないため、ドイツの取り組み

そもそも近年のJリーグではイニエスタやポドルスキのような「大物」を見る機会はほぼなかった。数少ない例外は2014年にセレッソ大阪が獲得したウルグアイの英雄ディエゴ・フォルランくらいである。

かつては1シーズンに20得点以上を稼ぐ外国人選手がゴロゴロいたが、過去10シーズンに20得点以上を記録した助っ人は2008年のマルキーニョス(鹿島アントラーズ)と2015年のドウグラス(広島)の2人のみ。強力なアタッカーの乏しい環境では、優秀なディフェンダーが育ちにくい。目下、ヨーロッパ主要リーグのクラブ(1部)に在籍する日本人のセンターバックは、吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)だけだ。

有能な外国人選手の存在は、Jリーグの発展やチームの強化のみならず、日本人選手の育成にも大いに役立つものだろう。だが、近年は限りある外国人枠でさえ有効活用しているとは言い難い。果たして、Jクラブに欠けているのはカネか、野心か。少なくとも、枠の問題ではないように見える。

しかし、神戸のような野心あるクラブが外国枠の撤廃を巧みに利用し、Jリーグの勢力図を塗り替えるような事態となれば、いつまでも「守り」の姿勢に徹するわけにはいかないだろう。力のある外国人選手を買いそろえるだけの資金力がないクラブは、これまで以上に有望な日本人選手を探し、育てるしかない。

富める者はますます富み――という弱肉強食に拍車がかかるが、そもそもサッカー界はそうした仕組みでできている。自由競争だ。グローバル資本主義とは相性がいい。もっとも、Jクラブの現状をみる限り、外国人枠を撤廃したところで、すぐに「外国人だらけ」とはなるまい。ただ、将来に備え、あらかじめ、日本人枠をセットで考えておく必要はある。

ドイツが良い見本だ。ブンデスリーガでは2006-2007シーズンから外国人枠を撤廃したが、それに伴い、ドイツ人枠を導入している。現状、各クラブは少なくとも、12人のドイツ国籍を持つ選手を登録する必要があり、そのうち8人はドイツ国内のアカデミー出身で、さらに、このうち4人は当該クラブのアカデミー出身でなければならない。育成組織の充実を課した格好だ。そこから若く、有能な選手が次々と育ってきた。

また、いまも「外国人だらけ」のクラブが少なくないイングランド・プレミアリーグでも2010-2011シーズンから「ホームグロウン・ルール」を導入。トップチームの登録人数を25人以内とし、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに3シーズン、または36カ月以上を、イングランドおよびウェールズのチームでプレーした選手を最低8人抱えることを義務づけた。

各クラブはトップチームの強化はもとより、育成組織の整備にもカネを回し、将来性豊かなタレントが育ってきた。ドイツ同様、育成に力を注ぎ、若いタレント群が競争力の高いトップリーグで揉まれ、さらに力を伸ばす好循環をつくりつつある。外国人枠を撤廃するだけでも育成組織を充実させるだけでも、こうはいかない。

そう考えれば、外国人枠撤廃の動きは、いかにシビアな競争を勝ち抜く「強い個人」を育てるか――という、より本質的な議論の呼び水ともなる。こちらはカネだけで片がつく問題ではない。そこをすっ飛ばし「枠」だけ取っ払って、うまくいくのかどうか。

無論、Jリーグもそのことは重々承知のはずだ。いかなる指針をもって、人材育成に努めるか。それをクラブに丸投げしなかったドイツにならい、Jリーグが主導権を握って、議論を深めていく必要があるはずだ。

社長の平均年齢は11歳差! 3大プロスポーツ社長像の比較に見る日本スポーツ界の課題

バスケットボールのBリーグ事務局がプロ野球12球団、Jリーグ全54クラブ、Bリーグ36クラブの社長の属性を調査、発表しました。プロスポーツの経営を任される球団社長の責任は重大ですが、野球、サッカー、バスケットボールの競技間でその経営者像に違いがあることが結果から見てとれます。これからの時代に求められるプロスポーツの球団社長像とはどんなものなのでしょう?

VICTORY ALL SPORTS NEWS

絶好調・J1広島の森脇事業開発担当部長に訊く「広島のアジア戦略」

J1・サンフレッチェ広島が、リーグに旋風を巻き起こしている。2018年3月31日に再開したJリーグ第五節では昨年の王者川崎フロンターレをアウェーながら1-0で下し、開幕から5勝1分と無敗をキープ。ルヴァン杯でも3試合2勝1分け、城福浩・新監督体制になってから一度も負けを経験していないのだ。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ティーラシンたちは、国賓クラスとして迎えられた。タイ大使館での1日に密着

ティーラシン擁するサンフレッチェ広島と、チャナティップが在籍する北海道コンサドーレ札幌の“タイ対決”となった2018年Jリーグ開幕戦。昨季はチャナティップ1人の参戦でしたが、今季からタイ人選手は一気に5名に。そんなタイ人Jリーガーは母国では大スターであり、大使自ら希望してタイ大使館に呼ばれるほどなのです。大忙しとなった一日に密着しました。(文:大塚一樹 写真:松岡健三郎)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

Jリーグは、「理想のお客さん像」の再定義が必要ではないか? レジー×笹生対談

2017シーズンのJリーグは過去最多の動員数を記録(J1の平均観客数は約5.1パーセント増)、今季は金曜開催を打ち出し2万人を動員する試合も出るなど好調に推移しています。一方で、まだまだ必要な打ち手を全クラブが打てているわけでは当然ありません。(構成・文:レジー、笹生心太)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

[ユニ論]Jリーグ2018シーズンから新導入 鎖骨スポンサーが入った26クラブとは?

Jリーグの新シーズン開幕の楽しみの一つに、ユニフォームのデザイン変更がある。2月23日に開幕を迎える2018シーズンからは、新たに注目したいことがある。新たに入れることが可能になった鎖骨部分の企業広告だ。J1からJ3まで、計26クラブが鎖骨部分にスポンサーロゴを入れることになった。どういったスポンサーが入るのか。チェックしておこう。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
北條聡

著者プロフィール 北條聡

1968年、栃木県生まれ。早稲田大学卒業後、Jリーグが開幕した1993年に『週刊サッカーマガジン』編集部に配属。日本代表担当、『ワールドサッカーマガジン』編集長などを経て、2009年から2013年10月まで週刊サッカーマガジン編集長を務めた。現在はフリーとして活躍。