(C)共同通信
VICTORY

実は大快挙!予想を裏切った1600メートルリレーは、東京で奇跡を起こせるのか

陸上の世界リレー大会が5月11、12日、横浜国際総合競技場で開催された。金メダルの期待を背負った男子400メートルリレー日本代表は予選で3走・小池祐貴(住友電工)とアンカー・桐生祥秀(日本生命)とのバトンミスにより失格になった。放送するTBSの関係者も青ざめたことだろう。しかし、悪いニュースばかりではなかった。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter