VICTORY

外国人枠における選手と協会の異なる主張。時代に合わせた変化が求められる トップリーグ

 ラグビートップリーグ(TL)の外国人枠に関するルールが不当だとし、元ニュージーランド代表で日本国籍保持者のロス アイザックらが当該団体の日本ラグビーフットボール協会(日本協会)に規約改正を求める嘆願書を提出。浮かび上がるのは、当時のコミュニケーション不良と時代に合わせた変化の必要性だった。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter