若手の台頭が著しいサガン鳥栖。経営陣はピッチの選手たちに応えられるか (C)Getty Images
VICTORY

ピッチ上は順調、経営は混沌。サガン鳥栖の未来は経営陣にかかっている

まだ新型コロナウイルスの影響が囁かれる程度だった2020年2月3日、他クラブに大きく遅れてサガン鳥栖が2020年シーズンのユニフォームデザインを発表した。本来なら一刻も早く発表し、グッズ売上を稼ぎたいはずなのに開幕月までずれ込んだ理由は何か。それは胸スポンサーが見つからなかったからだった。

この連載について

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter