©Getty Images

[世界フィギュア]宇野昌磨が狂気のアルゼンチンタンゴで革命を起こす

天才は天才を呼ぶという。狂人もまた狂人を引き寄せる。どうやら宇野はその両界隈に呼ばれたらしい。アルゼンチンが生んだ奇才、アストル・ピアソラの匂い立つバンドネオンに、小さな身体が大きく躍動する。リンクはたちまち深夜のブエノスアイレスに変わる。

VIEW MORE

コメント(1)

  • 4
    藤坂ガルシア千鶴 PRO

    ライター/コラムニスト 2017/04/01 11:08

    タンゴの中でもこれを選んだのはなかなか勇気のいる決断だったのではないでしょうか。でもいとうやまねさんがここで書かれているとおり、「ロコへのバラード」は異端児であり天才だったピアソラとフェレールが生み出した名曲で、歌のインパクトが強い分、それに見合うパフォーマンスが期待されますね。今大会はなかなかハイレベルな競い合いとなっているようで、今から五輪が楽しみです。

    もっと見る

RELATED ARTICLES

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン