©Getty Images
VICTORY

あの日、世界を魅了した町田樹の『エデンの東』を今一度ひも解く。表現力の原点へ

名プログラム『エデンの東』と、彼の解釈した「ティムシェル」という言葉を、今一度振り返ってみたい。現在も話題をさらっている町田の圧倒的な表現力の原点を、アイスショーシーズン真っ盛りの夏にお届けしたい。なお、内容に触れているので、原書を読まれる方は、その後にお楽しみください。(文=いとうやまね)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 95
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/07/27 12:31

    フィギュアスケート選手には、競技人生を終えてもプロとして滑り続ける道がある。サッカー選手も、それこそ、「Jレジェンド フットサルリーグ」みたいなものがあれば、継続的にプレーし続けられて、なおかつファン・サポーターの人もJ引退後のプレーが見られてうれしい、となるんじゃないかと。Fリーグの前座でやったりすれば、Fリーグの集客イベントにもなるだろうし。

    もっと読む
  • 3
    藤坂ガルシア千鶴

    ライター/コラムニスト 2017/07/28 08:07

    羽生選手同様、町田選手にもひとつの作品に強いこだわりがあることを知り、氷上では見ることのできないまた別の情熱を感じました。映画「エデンの東」はずいぶん昔に観ましたが、ティムシェルの解釈についてとても興味が沸いて来たので、小説を読んでみようかなという気持ちになっています。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter