文=菊地高弘

1学年上の偉大な先輩を追いかけて

「多和田さんに勝っているものなんて、なにもないですよ。ストレートのキレは本当に凄いですからね。多和田さんのフォームを見て、練習に取り組んでいました」

 富士大の本格派右腕・小野泰己は苦笑混じりに1学年上の先輩である多和田真三郎(西武)について語った。そもそも福岡・北九州にある折尾愛真高にいた小野が東北・岩手にある富士大に進学した理由のひとつが、「多和田さんが1年秋に明治神宮大会でノーヒットノーランを達成したのをテレビで観て」というものだった。

 西武から2015年秋にドラフト1位指名され、1年目から7勝を挙げた多和田は、大学4年時の故障が長引いたことを除けば、文句なしに素晴らしい逸材だった。だが、その1学年下の小野もまた、多和田に負けずとも劣らないポテンシャルを秘めている。ただし、その真価が発揮される確率がなかなか高まらないのだ。

 昨年6月の大学選手権・京都産業大戦に先発した小野は、初回から2点を失った。スピードガン表示はコンスタントに150キロ近い数字を叩き出すのだが、打者のベルト付近に集まる上にスピード感・キレともに乏しい。身長185センチ、体重75キロの長身をしなやかに使って、ボールを前で離すオーソドックスな投球フォーム。それなのに投じるボールは棒球に近く、打者に脅威を与えるものはなかった。

ドラフトの目玉でもおかしくないポテンシャル

©共同通信

 しかし、そんな印象を抱いていた矢先、捕手のミットをガツッと弾くような強いボールが来た。驚いてスピードガンを見ると146キロの表示。連発していた150キロ級のボールよりも、この146キロがなによりも速く見えた。その後も何球かに1球、このような威力抜群のストレートが見られた。

 さらに、小野の武器になっているのはストレートの軌道からストンと落ちるフォークだ。「指は長いほうではないのですが、全国で勝つために工夫して使えるようになりました」と本人が言うように、全国レベルの強打者相手にも十分通用するウイニングショット。ただし、このボールも高めに抜けるシーンがしばしば見られるのが玉にキズだ。

 見る者を圧倒する快速球。さらに打者の手元で消えるようなフォーク。これらのボールを安定して投げることができれば、恐らく小野はドラフト1位で指名されることはもちろん、田中正義(創価大→ソフトバンク1位)とともに「ドラフトの目玉」と位置づけられる存在になっていたはずだ。だが、素晴らしいボールを持っているのに、コンスタントに精度を保って投げることができない。それが投球のムラ、不安定さにつながっている。

 2016年のドラフト会議で小野は阪神から2位指名を受けたが、阪神は小野の投球の“最大値”を高く評価したのだろう。

 尊敬する大先輩と最高峰の場で肩を並べることができるかは、小野がいかに「自分のボール」をコンスタントに投げられるかにかかっている。

(著者プロフィール)
菊地高弘
1982年、東京都生まれ。雑誌『野球小僧』『野球太郎』編集部勤務を経てフリーランスに。野球部研究家「菊地選手」としても活動し、著書に『野球部あるある』シリーズ(集英社/既刊3巻)がある。

阪神はなぜ12年も優勝を逃し続けてきたのか? 見えた限界と“日本一”に必要な+α

人気と資金力は球界でトップクラスにもかかわらず、12年もの間、セ・リーグ優勝から遠ざかっている阪神タイガース。コンスタントに優勝争いを演じながら、あと一歩、頂点に届かない理由とはいったい何か? そして、「下剋上」により32年ぶりの日本一にたどり着くために必要なものとは――。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

金本監督が見込んだ巨大エンジン搭載のスラッガー・大山悠輔(阪神)

投手豊作年だった2016年秋のドラフトで阪神が1位指名したのは、スラッガータイプの野手だった。生え抜きの和製大砲が長らく不在という状況が続いているだけに、その決断には球団としての危機感が伝わってくる。はたして、選ばれた男・大山悠輔(白鴎大)の実力はいかに?

VICTORY ALL SPORTS NEWS

乱調の藤浪晋太郎の姿に重なる“ある投手”の記憶

4月4日に京セラドーム大阪で行われた阪神の今季ホームゲーム開幕戦、ヤクルトとの試合で乱闘騒ぎがあった。きっかけを作ったのは、立ち上がりからボールを思うようにコントロールできない阪神の先発・藤浪晋太郎だった。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

球界が「韓国経由」に熱視線送る理由とは? 知られざる韓国野球界の現状

今オフ、1年目の助っ人として球団史上最高額で阪神への入団を決めたロサリオが、昨季まで韓国球界で2年連続30発100打点を記録していたように、近年、韓国球界のスラッガーが日本球界へ移籍、活躍するケースが増えている。その理由は一体どこにあるのだろうか? 隣国にもかかわらず意外と知らない韓国球界の現状を、コーチや選手経験のあるOBの言葉とともにひも解く。(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
元阪神・栄光の“ドラ1”投手・藤田太陽が選んだ知られざるセカンドキャリア 1位には名門3校が並ぶ! 過去10年出身高別プロ野球選手輩出ランキング

藤浪晋太郎に「特別扱い」を! 規格外の才能を預かる自覚と覚悟

4月21日、2軍への降格を言い渡された、阪神・藤浪晋太郎。エースとして期待されながらも長い不調に苦しむ怪物の復活には、何が必要になるのだろうか。問われるのは球団の自覚と覚悟だ。(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部