【第一回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論「いつか、日本球界に戻りたいなって思っています」

日本球界が生んだ最高の投手、ダルビッシュ有。メジャーリーガーとして圧巻のパフォーマンスを披露する傍ら、SNSを活用してしばしば球界に対する問題提起も行ってきた。今回、トークゲストに前DeNA球団社長の池田純氏を迎え、数少ない“主張するアスリート”への独占インタビューが実現。彼があえてメディアを通じて発したかったオピニオンとはーー。日本球界への熱い思いが伝わるプロ野球改革論、必見のインタビューだ。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

【第二回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論「日本から2チームくらいMLBに入れて戦ったら面白い」

日本球界が生んだ最高の投手、ダルビッシュ有。メジャーリーガーとして圧巻のパフォーマンスを披露する傍ら、SNSを活用してしばしば球界に対する問題提起も行ってきた。今回、トークゲストに前DeNA球団社長の池田純氏を迎え、数少ない“主張するアスリート”への独占インタビューが実現。3月に開催されたWBCについて、MLBでの位置づけや改善のための持論を語ってくれた。彼があえてメディアを通じて発したかったオピニオンとはーー。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

【第四回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論 「引退したら大学で経営を学びたい」

日本球界の至宝にして“主張するアスリート”であるダルビッシュ有の独占インタビュー。最終回は、ダルビッシュが引退後のセカンドキャリアを考える。すべては「プロ野球改革」のためにーー。GM就任への意欲も見せた彼のビジョンとは。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

インタビュー=岩本義弘、トークゲスト=池田純、写真=早瀬将大

ファンの見る目も変えていきたい

©Getty Images

岩本 選手としての目標は、現在どこに置いていますか?

ダルビッシュ 選手としては、メジャーの中でもトップのピッチャーになりたいなと思っています。ただ、他にもやりたいことがありすぎて……日本の野球を変えたいというか……。ファンの人とかでも、足を引っ張ろうとしてくるかなり低レベルな人たちって、いっぱいいるじゃないですか。野球に限らずどの分野でも。そういう人たちも含めて全部のレベルを上げていきたい。選手としてだけじゃなくて、いろんなやりたいことがあります。

岩本 ファンの質も、ということですよね?

ダルビッシュ こっちはセイバーメトリクスとかを重視します。勝ち数もそうですし、防御率とかっていうのを球団の上の人たちはあんまり見ないんですよね。そこでは全然評価してくれない。もっと細かいところで評価するようになっています。ここ数年は特にその傾向があります。日本は未だに勝ち数と防御率。ファンの人たちもそうですよね。そういうところのファンの見る目も変えていきたいですし、本来は評価されるはずの選手が評価されなかったりとか、本来は評価されなくてもいいはずの選手がすごく評価されたりとか、っていうのも出てきます。

岩本 それはメディアの知識みたいなものもあるんですよね。

ダルビッシュ そうなんですよ。

岩本 日本の場合は、メディアの人もいきなり相撲担当から野球担当になりましたって来るじゃないですか。そうすると、わかりやすい数字のところにしか食いつけないみたいなものがあります。競技の理解をもっと深めないといけないということですよね。

ダルビッシュ そうなんです。

池田 防御率とか勝ち数とか過去の数字にとらわれがちで、見る数字とかが根本的に違うんですよね。味方の打つ打たないもあるので、単純に勝った負けた以上に、ピッチャーを本質的に評価する数字が現代では変化してきていますからね。全体的にまだまだ日本の野球は質が伴っていないんですよね。横浜DeNAベイスターズは去年トラックマンも入れたんですよ。ただやはり、チームがあんまりデータを見ない。「そんなの見なくていいよ、職人技の世界なんだから」って最初は言われました。

ダルビッシュ そうすると話が始まらないですよね。

池田 そう。上のレベルに行くには、もう少し質が変わっていかなきゃいけない。アメリカには成功事例があるから、もうちょっと学んでほしいんですけど、スポーツ界全体としても、なかなか学ぼうとする傾向が強くない。形式上は勉強はするんですけど、現場まで行って、視察して、英語で話して、英語で付き合って、本質的なことを学び取るところまで徹底してやらない。

岩本 ファンにも変わってほしいという意味では、Twitterでのやり取りですね。あれはすごく興味を持ったんですよ。なんで現役の選手が、ここまで一般人とやりあうのかって。

ダルビッシュ (笑)

岩本 他のプロスポーツ選手でもいないですよ。芸能人でもいないんじゃないですかね。

ダルビッシュ 最近はもういいかなと思って、あんまりやってないんですよ。結局、スポーツ選手もそうだし、みんないい子すぎる気がします。どの分野も成功する人って、絶対に少数派でなければならないと僕は思っているんですけど、その中でも変わっているヤツに目が行くと思っています。良くも悪くもってところなんですけどね。だから、別に人間なんだし、変なこと言ってくるヤツがいれば我慢する必要はないと思っています。確かに「なんでいちいち相手するんですか」ってすごく言われますけどね。

岩本 心配してくれているんですよね。

ダルビッシュ そう。「あなたのストレスになるから、疲れるからやめたほうがいい」と言われますが、僕は全然疲れないし、遊び半分だったりしますからね。それにちゃんとした議論であれば、意見交換にもなります。「オマエはバカだ」って言ってきて、「バカって言ってきたヤツがバカ」とか、そういうのは議論じゃない。いつも、ちゃんとした議論でやりあっているつもりです。

岩本 ある程度は議論できる人を選んでいますよね。

ダルビッシュ はい。

岩本 とんでもない誹謗中傷みたいなものもあると思います。

ダルビッシュ それはもういっぱい。そんなのは毎日来ますが、そういう人たちを全部は相手にしません。

池田 日本人の野球選手で、ここまでストレートにちゃんと話す人って会ったことがありません。みんないい子で、オブラートに包んでちゃんと正しい発言しかしませんからね。こっちの選手は、そのまま本音を話しますか?

ダルビッシュ ちゃんと話しますね。たまに、完全に意味わからないこと言っちゃって、すごい問題になったりもしますけどね。日本だと、ある程度は決まった範囲でのコメントしか言わないんです。ヒーローインタビューって毎回が「ファンの皆さん応援ありがとうございました」って同じことしか言わない。

池田 「チームの勝利に貢献します」っていう、あの言葉が一番実は何も言っていない。本音も自分らしさも何も感じない決まり文句。貢献ってなんだよ、どうやって貢献するんだよって、そこが大切だろ? そこをみんな聞きたいんだろ、と思います。

既存のメディアに対する“反発”

©早瀬将大

池田 今やっていることがNPBの選手にもっと伝わってほしいなって思いました。サプリメントもそうですし、野球との向き合い方もそうです。成功している人だから、それを球団の人間も含めてNPBに、もっと伝わってほしいなって思いますね。

岩本 今、YouTubeでやっているトレーニングのはすごく興味深いですね。しかも、あれを自分で編集してやっているんですよね?

ダルビッシュ 編集はめちゃくちゃ簡単にやって、10分くらいで終わらせています。そういうことでもファンの人たちからの声は、「自分で編集しているんですね」って言われます。編集したことのない人からすると、すごいことと思うじゃないですか。でも、結構簡単なんですよね。ただ、そういうのも結構喜んでもらえます。

岩本 確かに、映像を合わせるだけとか、そんな感じですよね。

ダルビッシュ そう。切って、テロップとか入れたり、音楽入れたりとかの簡単なものです。

岩本 それでYouTuberを呼んだじゃないですか。あれもすごい発想だなと思いましたね。

ダルビッシュ あれも結局のところ、自分はメディアに対して、特にテレビメディアに対しての反発じゃないですけど、最初に発表するのがテレビだと嫌だったんですね。さっきも言ったように、自分たちの意図とは違うことを伝えられてしまうことがありますから。例えば、適当な人が来て「僕もトレーニングをやってみます」となって、「トレーニングきつい」みたいに報じられると僕の意図とは違います。ただ、野球が好きで、草野球が好きで、新しい道具を紹介したりとか、いろんな人たちを巻き込んで野球をもっとわかってほしいとYouTubeとかで発信している人がいたので、テレビを使うよりはこの人に一番に知ってほしいなと思って来てもらいました。

岩本 向こうはすごく興奮したでしょうね。

ダルビッシュ その時は、ちょうど大谷選手とかもいたし、田中将大、マーくんもいました。いろんな選手が来る日だったんですが、本人には誰が来るとかを言っていなくて、「何時にどこどこに来てください」っていう話だけをしていました。そうしたら、びっくりされていましたけど、すごく喜ばれましたね。

岩本 コアな野球ファンだけじゃないところにも広がるきっかけにもなるし、素晴らしい発想だなと思います。

ダルビッシュ そうですね。プロ野球選手ってちょっと遠いところにあると思います。最近でこそ、どんどんとバラエティ番組に出て近しい感じになっているかもしれないですけど、まだちょっと遠いところにある中で、一般の人が一緒にトレーニングするというのはあまりないことだと思います。

岩本 それこそ、オフのトレーニングだけじゃなくて、選手同士の対談とかも出せたら面白いんじゃないかなと思います。

ダルビッシュ それも考えていますよ。これからいろんなことができるなと思っています。

岩本 じゃあ、編集長ですね。

ダルビッシュ いや、それは(笑)。誰とどんな感じにやろうかなとかは、今いろいろと考えています。あまり大きいことはできないですけどね。

池田 これからも野球だけじゃなくNPB全体への提言を体現してもらいたい。このままでいいなんてこと絶対ありませんし、MLBは本質主義だし、見習うべきこと、NPBが変わっていくべきことも多くありますから。

ダルビッシュが語るイチローのすごさ

©Getty Images

岩本 そういう取り組みを一緒にやっていける可能性を感じたり、そんなことをよく話す仲間みたいな人はいないんですか?

ダルビッシュ 自分は、そもそも友だちみたいな人が少なすぎて、数人なんですよ。3人くらいです(笑)。いろんな人が友だちになると、嫌なんですよね。例えば、子どもが生まれておめでとうございますとか、それがいっぱい来ると、全部同じように返さないといけないのが嫌なんですよ。

岩本 一人ひとりとちゃんとしたいから、逆に仲の良い人は絞っているってことですね。

ダルビッシュ そうですね。いいように言えばって感じですけど。でも、いろんな選手と話しています。例えば、トレーニングに関して理解を深めてもらったとしても、どちらかと言うと自分の成績を残すためだけに使う人たちが、ほぼ100パーセント。これを他の選手に伝えて、この選手が覚えることによって、その選手も他の選手に伝えるように教育するとか、そこまで考えている人はなかなかいないですね。

岩本 NPB全体のレベルアップなんて考えているプロ野球選手は間違いなくいないですよ。

ダルビッシュ 結局は自分の成績を残すことが一番の職業なので、確かに難しい部分はあります。人と比べて、自分は単純に変わっていますね。イチローさんとも最近メッセージのやり取りをさせていただくんですけど、初動負荷のマシンについていろいろ相談しています。「オマエはエネルギーありすぎだ」って言われるくらい、イチローさんから見てもいろんなことをやっているって見られているから、たぶんエネルギーがあるんだと思います。

岩本 イチローさんがそれをダルビッシュさんに教えてくれるというのも素晴らしいことじゃないですか?

ダルビッシュ そうなんです。イチローさんの何がすごいって、あれだけの選手なのに面倒くさがらずに教えてくれるんですよ。この前も、イチローさんから「おめでとうございます」のメッセージが届いたんですけど、僕が質問をバーってしちゃったんです。それでも全然面倒くさがらずに何度も返信してくれたんですね。すごいですよ。

岩本 その教えてもらったトレーニングをみんなに公開することによって、絶対に全体のレベルアップにつながるじゃないですか。

ダルビッシュ そうですね。今もイチローさん派、ダルビッシュ派みたいなのがあります。僕はハードなトレーニング、イチローさんは初動負荷。僕は初動負荷のことも否定しないし、こっちのトレーニングのほうがいいとか思っていません。ただ、イチローさんのトレーニングに興味がある人たちって、日本にめちゃくちゃいると思うんですよ。でも、イチローさんがトレーニングしているところの映像って本当にないんです。YouTubeとかを見ても本当に残されてなくて、ほぼほぼない。イチローさんはそういうのをあまりしたくないから出ていないんでしょうけど、興味を持ってる人たちが絶対にいます。自分が実際に全部買って、イチローさんに教えてもらってイチローさんはこんなことやっていますよっていうことを伝えたら、そっちの分野でもレベルが上がっていくじゃないですか。そういうことも考えてやっています。

第1回:「いつか、日本球界に戻りたいなって思っています」第2回:「日本から2チームくらいMLBに入れて戦ったら面白い」第4回:「引退したら大学で経営を学びたい」
岩本義弘

著者プロフィール 岩本義弘

サッカーキング統括編集長/(株)TSUBASA代表取締役/編集者/インタビュアー/スポーツコンサルタント&ジャーナリスト/サッカー解説者/(株)フロムワンにて『サッカーキング』『ワールドサッカーキング』など、各媒体の編集長を歴任。 国内外のサッカー選手への豊富なインタビュー経験を持つ。