©早瀬将大
VICTORY

【第四回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論 「引退したら大学で経営を学びたい」

日本球界の至宝にして“主張するアスリート”であるダルビッシュ有の独占インタビュー。最終回は、ダルビッシュが引退後のセカンドキャリアを考える。すべては「プロ野球改革」のためにーー。GM就任への意欲も見せた彼のビジョンとは。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(15)

  • 284
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2017/06/29 01:47

    高校ではタバコ吸ってパチンコ行っていた人すらも「大学に行きたい」と心変わりさせるアメリカの風って、きっと人間を大きくしてくれるものなんだろうなぁ…。

    もっと読む
  • 163
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2017/06/28 23:53

    これは、素晴らしいインタビューだと思いました。「borrowed time」という考え方、アメリカのアスリートがよく使う言葉です。アスリートとして過ごすことが出来る間は、神から賜った時間であり、このborrowed timeに感謝して、全力を尽くす。しかし、borrowed timeですから、いずれ終わりが来る。そこから、次の、ある種、本当の人生が始まる。その通りですが、日米に限らず、言うは易し、行うは難し。スーパースターが実践すれば、影響力は絶大でしょうね。ぜひ、実現して欲しいです。

    もっと読む
  • 131
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/06/28 19:40

    ダルビッシュ選手(@faridyu)インタビュー、ラスト回です。全4回約15000字の刺激的かつ建設的な言葉の数々を、ぜひ読んでいただけるとありがたいです。トップアスリートでありながら、日本のプロ野球、プロスポーツに向けて、これだけの提言をしてくれたダルビッシュ選手に改めて感謝。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter