©荒川祐史
VICTORY

大学スポーツと学生アスリートの価値を高めることが必要

2017年3月、文部科学省は国内の大学スポーツを統括する「日本版NCAA」を2018年度中に創設する方針を発表した。現実的に「日本版NCAA」を創設するためには、どういった準備が必要になってくるのか。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の間野義之氏と明治大学学長特任補佐スポーツアドミニストレーターの池田純氏に、現状や今後の課題を伺った。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 78
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2017/07/29 16:16

    池田氏の「一番にはなれなかったけど…」「年間記録」で一番になったという強さは、一発屋ではない本来の力、“地力”があったということですね。
    スポーツで「知らず知らずに身についている何か」、スポーツで気づかされた、社会に出て活かせる自分の強みや特長、たくさんあるはずです。

    後半のサーフィンのくだりも、社会生活(仕事)に当てはめて考えても色んなことが見えて面白かったです。

    もっと読む
  • 0
    高橋孝輔

    新潟県アメフト協会 理事/新潟総合学園 スポーツ推進室長 2017/07/15 07:47

    まずは在学生からリスペクトされるべく、自分達から変わらないと行けない。
    リスペクトされず成り立っている現状が異常という認識に立つ。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter