©Getty Images
VICTORY

遠藤保仁が新監督就任内定のG大阪残留を明言 「新しい刺激を受けるのは良いこと」

元日本代表のMF遠藤保仁が、ガンバ大阪を退団する可能性があると一部で報じられた。G大阪とは2018年までの契約を残しているものの、J1昇格決まったV・ファーレン長崎をはじめ、複数のクラブが国際Aマッチ歴代最多の152試合に出たゲームメイカーの獲得に動いているという。遠藤は次の1月に38歳となる。キャリアの晩年に差し掛かっているベテランMFは、自身の2018シーズンをどこで過ごそうと考えているのか。退団報道が出た直後、本人を直撃した。(文=飯間健)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(8)

  • 397
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/11/15 18:35

    衝撃の「遠藤保仁、G大阪退団報道」。その真偽について、G大阪番記者の飯間さんに、遠藤選手本人を直撃してもらいました。

    もっと読む
  • 90
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2017/11/16 00:10

    残留するだろうし、残留するように尽くす案件ではあるけれど、残留を明言していないコメントに「明言」という記事タイトルをつけるのは、サイトの方向性としてよろしくないと思う次第です。

    もっと読む
  • 72
    加藤未央

    タレント 2017/11/16 14:58

    38才の遠藤選手の「代表を狙っている」というコメントに気持ちが自ずとそわそわするのは、きっと私が今の代表にいくばかの物足りなさを感じているからなんだろうなぁ。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter