©Getty Images
VICTORY

河合塾のサンウルブズの“弱さ”イジりがSNSで炎上

11月26日に大手予備校の河合塾が行った「全統センター試験プレテスト」の英語のリスニングで出題された問題が、SNS上で話題となっている。その内容が、スーパーラグビーに参戦しているヒト・コミュニケーションズサンウルブズを揶揄しているとも捉えられるものだからだ。サンウルブズ側は、これをどう受け止めていくのか。(文=VICTORY編集部)

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(5)

  • 11
    大山 高

    帝京大学経済学部 准教授/スポーツ科学博士(早稲田大学) 2017/11/28 16:31

    おもしろい!
    河合塾の試験問題に出てきた、というよりサンウルブズを取り上げて頂けただけでも充分です。

    もっと読む
  • 11
    佐藤ルミナ

    一般社団法人日本修斗協会理事長/修斗ジムroots代表 2017/11/29 10:21

    これは物凄い宣伝効果!チームにも良い激励になるはず!河合塾さん格闘技ネタも宜しくお願い致します^ ^

    もっと読む
  • 4
    渡部康弘

    TVプロデューサー 2017/12/05 15:06

    プロスポーツやスポーツビジネスはメディアに取り上げられてナンボという側面はあると思います。全くもって無視やスルーされることが一番厳しいです。

    試験問題がメディアがどうかは置いておいて、全国規模の、しかも試験という集中して読み込む必要がある媒体に取り上げられたことは、確実に知らなかった人々に認知してもらえました。広告よりも認識率は高いかもしれません。

    確かに内容はメガティブでしたが、これをポジティブな内容で掲載されるようにチームやスタッフは精進するだけでしょうし、そのポテンシャルはサンウルブスにあると思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter