W杯に出場する全736選手のスパイクは

開幕以来、好勝負が連発しているロシア・ワールドカップ。6月26日に行われたグループBのイラン対ポルトガルの一戦も、両チームがそれぞれの持ち味を発揮し、互いに譲らず1-1で終了するという見ごたえのある試合となった。この試合では、イランの選手たちの足元にもついつい目が行ってしまった。いったい彼らは、どこのメーカーのスパイクを履いているのか――。

大会開幕直前、アメリカがイランに対して経済制裁を発動したことを受け、ナイキ社が「アメリカ企業として、イラン代表にスパイクを提供することはできない」と発表した。選手たちはそれぞれ特定のメーカーと契約を結んでスパイクなどの提供を受けているが、この発表によって、ナイキと契約しているイラン代表の選手がナイキのスパイクを履けなくなる可能性が浮上したのだ。

イランではFWサルダル・アズムンやMFマスード・ショジャエイら11人がナイキのスパイクを着用している。履き慣れたスパイクを着用できないとなると、これは選手にとってパフォーマンスに直結する一大事だ。急遽、他のメーカーのスパイクを調達するか、それとも契約移行期の選手が履く“黒塗りでどこのメーカーのものか分からないスパイク”を履くかといった対応をすると思っていたのだが、実際はどの選手も普通のナイキのスパイクを着用していた。報道によると、どうやら彼らは大会に出場している所属クラブのチームメートを通じてスパイクを貸してもらえる選手を探したり、量販店に赴いて自ら購入したりして、普段履いているスパイクを用立てたという。

この“スパイク危機”を乗り越えてモロッコに勝利した後、イランのファンの間ではナイキの企業スローガン「JUST DO IT.」(やってみろよ)をもじった「WE JUST DID IT WITHOUT YOU.」(お前らナシでもやってやったぜ)という言葉が一気に拡散した。イランが躍進を続ければ、彼らにとっての新たなスローガンとして定着する可能性もある。

先ほど「イランのナイキ着用者は11人」と述べたが、残り12人のうち11人はアディダス、1人はプーマのスパイクを着用している。現在のサッカー関連メーカー界ではナイキとアディダスが激しい覇権争いを演じ、プーマが大きく引き離されながら3番手という状況になっているが、その実情を完全に再現したような分布だ。では、他の国ではどのようになっているのだろうか。前置きがだいぶ長くなったが、W杯に出場する全736選手(2018年6月17日時点)がどのメーカーのスパイクを履いているのか、その調査結果を紹介しよう。

アディダス着用者がナイキを上回るのは

出場32カ国のユニフォームについてはアディダスが12カ国、ナイキが10カ国と僅差。スパイクも似たような結果になると思ったのだが……ナイキ着用が473人、アディダス194人の実に2.5倍近い差をつけての圧勝となった。あくまで個人による手元での集計なので多少の誤差はあるかもしれないが、それでも大差であることに変わりはない。ナイキのシェア率は、実に64.4パーセントにものぼる。1チーム23人中、15人がナイキ着用という割合だ。特に多かったのはサウジアラビア。ユニフォームがナイキである影響もあるかもしれないが、実に21人がナイキ着用で、残りの2人はアディダスだった。

アディダスの“お膝元”であるドイツは、GKマヌエル・ノイアーやDFマッツ・フンメルス、MFトニ・クロース、MFメスト・エジルら主力はアディダスのスパイクを着用しているが、MFサミ・ケディラや新鋭DFヨシュア・キミッヒらはナイキ。割合は11人対11人で、FWマルコ・ロイスだけはプーマと契約している。2010年南アフリカ大会王者で、アディダスのユニフォームを着用するスペインも、GKダビド・デ・ヘアやFWダビド・シルバ、FWジエゴ・コスタら11人はアディダス、DFセルヒオ・ラモス、MFアンドレス・イニエスタ、MFチアゴ・アルカンタラら11人はナイキ(DFナチョ・モンレアルのみプーマ)という構成。その他を見ると、大半の国でナイキ着用者が最大勢力を締めている。

そんな中で1チームだけ、アディダス着用者数がナイキ着用者数を上回っているチームがある。我らが日本代表だ。10番を背負うMF香川真司を筆頭に、FW武藤嘉紀、DF槙野智章、MF宇佐美貴史ら7名がアディダス着用。ナイキ着用はDF長友佑都、DF酒井宏樹、MF原口元気ら6名で、わずか1名差ではあるがアディダスを下回った。

日本はナイキ、アディダスともに着用者数が二桁に乗らないというレアケースでもある。その理由は国内ブランドの存在だ。DF吉田麻也、MF本田圭佑、MF大島僚太、FW岡崎慎司の4名はミズノ、MF乾貴士、FW大迫勇也はアシックスのスパイクを着用しており、ナイキ、アディダスとそう大きく変わらないシェアを誇っている。また、GK川島永嗣、GK東口順昭、MF長谷部誠はプーマ、MF柴崎岳はアンブロを着用している。合計6社ものスパイクが見られるのは日本だけなので、ぜひ選手たちの足元にも注目してほしいところである。

ビッグ2以外のスパイク着用者は

ちなみに、ミズノのスパイク着用者は日本人だけではない。韓国でもDFユン・ソンヨン、DFキム・ヨングォン、DFコ・ヨハン、MFチュ・セジュン、FWキム・シヌクの5名が着用している。韓国はミズノ社が海外拠点を持つ国の一つで、Kリーグ等で活躍する多くの選手が同社と契約を結んでいるという。さすがにヨーロッパにはいないだろう、と思いきや、セルビアのDFアントニオ・ルカヴィナがミズノを着用している。これでミズノ着用者は合計10名となり、プーマの39名に続いて4番目に多い数字となる(次点はアンブロの7名)。日本の各メーカーに勇気を与える実績と言えそうだ。

また、新興勢力のニューバランスはオーストラリアのFWティム・ケイヒル、パナマのGKハイメ・ペネード、コスタリカのDFケンダル・ワストンら5名にとどまった。サッカー市場参入当初に契約を結んでいたベルギーのMFマルアン・フェライニは、昨年11月に「質の悪いスパイクを履いたせいでケガをした」との理由でニューバランス社を相手取っての訴訟を起こしており、現在はナイキのスパイクを着用している。

ロシア大会に出場している736人中、735人は名の知られたメーカーのスパイクを着用している。1人だけ異彩を放っているのは、初戦でドイツから大金星を挙げたメキシコの控えGKアルフレド・タラベラだ。彼はメキシコの国産メーカー「ピルマ(PIRMA)」のスパイクを着用している。大会期間中に彼の姿を見かけることがあり、見慣れない三角形のロゴが入ったスパイクに目が留まった時には、「ああ、これがピルマか」と思い出していただければ幸いである。

ユニフォームで見るワールドカップ サプライヤーの覇権争いとジンクス

14日に開幕したFIFAワールドカップロシア大会。世界最大のスポーツイベントに参加するのは、32カ国の代表チームだ。彼らが着るユニフォームはそのデザインが大きな話題となり、同時に莫大な収益を生み出す。今大会、各国代表チームが着るユニフォームの傾向に迫った。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

起こせ“ジャイキリ”! W杯史上に残る番狂わせを振り返る

2018FIFAワールドカップロシアでは、前回王者ドイツがメキシコに敗れる波乱が起き、日本代表もコロンビアを下してアジアのチームとしてW杯史上初めて南米のチームを破るアップセットを演じた。いずれの試合も、格下のチームが強豪を打ち負かす“ジャイアントキリング”の事例と言えるだろう。本稿では過去のW杯で起きたジャイアントキリングを振り返る。今大会のグループステージで、これらを超える番狂わせが起こるか注目だ。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

放映権バブルは弾けるか?スポーツ界を席巻するOTTと2020年大転換期

高騰を続けるスポーツの放映権料は、スポーツの発展、リーグの運営やチームの充実に大きく貢献しています。一方で、青天井に上がり続ける放映権料の未来を不安視する声もあります。OTT事業者の参入で、これまで放映権料を意識していなかった幅広い競技、リーグが高値で「買われて」いる現状は、果たして適正といえるのか? 前回、世界の放映権ビジネスの潮流やスポーツ放映権の高騰の理由について解説しましたが、今回は高騰を続けるスポーツ放映権ビジネスの未来を考えます。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

代表正GKは、川島永嗣でしかあり得ない。専門家がみる3つの理由

川島永嗣選手は、2010年W杯以降4人の監督からサッカー日本代表正キーパーに指名されてきた選手です。巷では「ミスが多い」「技術が低い」「Jリーグにもっと良いGKはいる」等の意見もあります。しかし、山野陽嗣氏(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ)は、「正GKは川島以外あり得ない」とまで言い切ります。どういう理由なのでしょうか?(文:山野陽嗣)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

西野朗新監督、サッカーIQの高い選手を好み2つの顔を持つ指揮官

猛攻を受けながらも耐え抜き、ブラジル代表から勝利を挙げたアトランタ五輪日本代表。圧倒的な攻撃力でリーグを席巻し、タイトルをつかみ取ったガンバ大阪。西野朗監督がこれまで率いてきたチームは対照的な顔を見せている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を受け、ロシアW杯で日本代表を率いることとなった日本人監督は、どのような存在なのか。ガンバ大阪を率いていた時代から、その一挙手一投足を見続けてきた下薗昌記さんに、新たな日本代表監督について執筆をお願いした。(文=下薗昌記)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本に13億円をもたらした16強進出! W杯の賞金と代表のボーナスを知ろう

ロシアW杯は、いよいよ30日から決勝トーナメントが始まる。戦前は苦戦が伝えられていた日本代表も、グループHで2位となり、2大会ぶりのベスト16進出を決めた。世界最大のスポーツイベントであるサッカーのW杯。総額4億ドルが賞金に計上されている今回のロシア大会では、優勝国にいくら分配されるのか。決勝トーナメントが始まる前に、チェックしておこう。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
池田敏明

著者プロフィール 池田敏明

大学院でインカ帝国史を専攻していたが、”師匠” の敷いたレールに果てしない魅力を感じ転身。専門誌で編集を務めた後にフリーランスとなり、ライター、エディター、スベイ ン語の通訳&翻訳家、カメラマンと幅広くこなす。