(C)共同通信
VICTORY

“松坂ゴルフ問題”の本質とは 世の中の論調に惑わされていないか

“平成の怪物”が令和に時代が改まって早々、思わぬ騒動の主役となってしまった。右肩痛からの復帰を目指す中日・松坂大輔投手が、チーム練習日に千葉県内でゴルフを行い、球団からペナルティーを科されたことが判明した。さまざまな議論を巻き起こしている今回の問題について、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの初代球団社長で、現在は「さいたまスポーツコミッション(SSC)」の会長などを務めるスポーツビジネス改革実践家の池田純氏に話を聞いた。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter