VICTORY

「ヤクルトに復帰してからは石川のマネばかり」 五十嵐亮太と“6人の思い出深い男たち”。そして古巣への愛

「今日まで平坦な道のりではありませんでしたが、人の縁にも恵まれ、ここまでやってくることができました」。引退会見の席上、五十嵐亮太はそう言ってプロ野球界での“縁”に感謝した。黄金バッテリーを組んだ女房役、一軍のマウンドへと導いてくれた恩人、同学年のよき理解者にしてライバル、自分にないものを持つ沢村賞投手、背中を見せてきた後輩――。歴代4位の日米通算906登板を積み上げたプロ野球人生23年の過程では、多くの選手、指導者との出会いがあった。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter