「応援がなかったら辞めていた」

―応援してくれる方々はどんな存在ですか。
大岩:応援してくれる方々がいなかったら、僕は絶対挫折していました。楽しいことや幸せなこともたくさんありますが、試合に負けてしまうなど苦しいことにぶつかった時に、助けられたのは、応援してくれている方々のおかげだなと感じています。本当に力になってくれる存在で、応援がなかったら辞めていました。

―どんな風に支えてもらいましたか。
大岩:身近にいる方々は直接励ましの言葉をかけてくれますし、SNSを開けば、負けてもたくさんの人が励ましのメッセージや動画を送ってくれて、それを見ると、「ベルトを巻くと約束したし、こんなところでは負けられない」とパワーが出てきます。言葉に助けられていますね。

―DMのメッセージは見ていますか。
大岩:モチベーションになるので、僕は全部見ます。

―覚えているコメントはありますか。
大岩:「あきらめるな」という声や、「信じてるからな」というメッセージをもらいます。僕のことを応援してくれる年配の方から、「大岩君が私たちにとって生き甲斐だから」と言っていただいた時は、涙が出るくらい嬉しかったですし、絶対ベルトを持ってくぞと思いました。

―ファンサポーターの方からメッセージをいただくと喜びを感じますか。
大岩:もちろん感じます。でも勝った時の喜びと、メッセージをいただいた時の喜びは違うかなと思っています。涙が出るくらい嬉しいのですが、結果を残さなければいけないので、結果を出して喜ばせたいという気持ちがあります。応援してくれる方々のために結果を出したいという気持ちが大きいです。

「諦めなければ目標は叶う」ファンに届けたいメッセージ

―今回、ビデオメッセージサービスPasYou に参加していただきましたが、どこに魅力を感じていただけましたか。
大岩:ファンの方ともっと近くなれるところが魅力に感じました。1対1でメッセージを送れたり、要望をいただけたりして、2人だけの言葉や表情を届けられるので、新しい取り組みだなと思いました。今までは、ファンの方と直接1対1で向き合うのがあまり良くないと思っていましたが、間にPasYouさんが入ってくれることによって、安心して取り組めると思いました。

―どんな思いをファンの方に伝えたいと思いますか。
大岩:いつも応援してもらっているので、試合で勝って恩返しをしていくのはもちろんですが、この取り組みで少しでも喜んでもらえたり、勇気を与えたり、この動画を通して恩返しをしていきたいと思っています。

―それはいつも大岩選手自身もDM等で勇気や活力をもらっているからですか。
大岩:そうですね。こういう形で、自分もお返しできたらと思っています。

―特にこういう人にこういうメッセージを届けたいなどはありますか。
大岩:言葉は大きな力を持っているということを僕自身感じるので、言葉で自分がもらったようなエネルギーを、僕から送りたいと思っています。元気がない時や、挫けそうな時などに、少しでもこれがパワーになって、活力になってもらえたら嬉しいです。

―連載企画で伝えたいことはありますか。
大岩:「諦めなければ必ず目標は叶う」ということを伝えていきたいです。僕は「必ずベルトを取る」という目標を立てていて、どれだけ失敗しても、たくさん挑戦して、最後には目標を達成する姿を見せたいので、これからも僕を見てほしいです。

―負けを経験することによって変わったことはありますか。
大岩:全勝が一番かっこいいですが、負けて諦めるのは格好悪いので、泥臭く行こうと思っています。

―今まであった挫折経験を教えてください。
大岩:上京してきて、プロデビューする前が一番きつかったですね。毎日練習でボコボコにされて、体がボロボロになるまで練習して、スパーリングという練習試合のようなものがあるのですが、そこでもボコボコにされて、それの繰り返しでした。スパーリングの前日は、ボコボコにされるのがわかっているので、怖くて帰りたいと思っていました。でも、試合を重ねて、こんなに応援してくれる人が増えてくれて、精神的にも強くなりました。

―何が支えでしたか。
大岩:最初は意地でした。格好つけて名古屋から出てきたのに、すぐに帰ったらダサいと思っていたので、意地で続けることができました。

―競技面で今後の目標を教えてください。
大岩:チャンピオンベルトを巻くことです。

―ファンの方から見られていた時に、どんな風に見られたいですか。
大岩:僕はファンの方と近い距離でいたいです。親しみやすく思われたいですね。でも、僕自身、試合と普段は違うよという姿も見せたいです。

―競技以外で目標はありますか。
大岩:他のことに対してこうしたいという思いはあまりありません。今は、結果を残して、ベルトを巻いてから、自分の伝えられることを伝えていきたいです。

<前の記事 【大岩龍矢インタビュー】Vol.1 「何が何でも負けられない」試合への決意

大学在学中にキックボクシングを始め、現在はスーパーフェザー級でK-1やKrushを舞台に戦う大岩龍矢選手。戦績は26戦 18勝(6KO) 8敗 0分と大きく勝ち越しているが、直近では、昨年11月に自身初めての2連敗を喫した。vol.1では大岩選手が3月27日に行われる次の試合への決意を語ってくれた。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

■PasYouでビデオメッセージをリクエストしよう!

憧れの選手から『あなただけ』に向けた完全オリジナルメッセージが届きます。ファンの方のリクエストをもとに、1つずつビデオレターを撮影いたします。(一本およそ60秒程度です。)特に、下記のようなリクエストが集まっております。

『毎日頑張る子どもにメッセージを贈りたい!』
『友人の誕生日にメッセージを贈ってあげたい!』
『大事な試合に向けて、自分のことを鼓舞してほしい!』

リクエストページへ

■PasYouのTwitterでは随時、選手へのインタビュー記事を投稿しています。不定期的に選手のサイン入りユニフォームなどが当たるプレゼント企画などもやっていますので、是非フォローしてみてください!

■Twitterタイムライン

■Twitterフォローボタン

VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部