©岩本勝暁
VICTORY

東京五輪出場を目指し、ビーチバレーへ転向した元Vリーガー

全日本の一員として、五輪にも出場したバレーボール選手が、ビーチバレーに転向し、大きな話題となっている。彼らは、なぜ戦いの舞台を変えたのか。そして新たな戦いの場で活躍できるのか。

続きを読む 続きを読む

コメント(3)

  • 86
    飯沼誠司

    一般社団法人アスリートセーブジャパン代表理事 2017/07/22 08:23

    活躍できるかできないかではなく、活動の場を変えた時に、いかに集中できるトレーニング環境の中で練習していくかがポイントだと思います。
    近年、競泳で活躍していたいわゆるスイマーがライフセービング界で活躍しています。彼らはその競技に合う合わないではなく、経験やポテンシャルがある中でどれだけの期間で技術的なものを吸収し対応していくか?というところもとても重視していると感じます。ビーチバレーは元々ビーチバレーの選手という人より、転向の人が圧倒的に多いでしょう。将来的には生粋のビーチバレーアスリートが多く育つ環境も期待されるところですね。
    そうしたジュニア世代の育成がどのスポーツでも今、求められていると感じます。

    もっと読む
  • 3
    眞壁潔

    株式会社湘南ベルマーレ 代表取締役会長 2017/05/26 15:00

    白鳥選手、朝日選手ペアの北京、ロンドンオリンピック出場が遠い昔に感じる。出場するための東京オリンピックでなく、新たに世界を目指し闘える選手層を作る東京にして欲しい。その為に現役にこだわる白鳥選手が必要なはず。

    もっと読む
  • 3
    原口攻太 Cota Haraguchi

    2017/05/26 08:58

    トップまで登った二人がこの時期に転向する意味は大きいと思います。これからこの流れも増やせるように、サポートしたいですね。まずはどれだけ早く「慣れる」かですが、期待したいです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter