(C)The Asahi Shimbun/Getty Images
VICTORY

なぜ日本人選手は謝るのか? 社会学者の論考にみる『選手はもはや「個人」ではない』責任と呪縛

熱戦が繰り広げられている平昌オリンピック。メダルの期待がかかる日本人選手が続々と登場してくるなか、気に掛かるのは、その期待通りの結果を出せなかったときだ。これまでオリンピックなどのビッグイベントではしばしば、日本人選手がテレビの向こうにいるファンに向けて、涙ながらに謝る姿を目にしてきた。なぜ日本人選手は“謝る”のだろうか? スポーツの勝敗は誰のものなのだろうか? 平昌オリンピックが開催中で、東京オリンピックを2年後に控えている今だからこそ、あらためて考えてみたい。(文=谷口輝世子)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(10)

  • 358
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2018/02/16 00:33

    選手がファンに謝る必要はないし、ファンも選手に謝ってもらいたいわけではないだろう。ただ、自分が納得できるパフォーマンス、期待に応えるパフォーマンスができなかったときに、謝りたくなる気持ちは理解できる。逆に、謝りたくなるくらいの心持ちでなければ、本当のチカラは引き出せないだろうなとも。

    スポーツ選手がやっていることは、基本的に無価値なことだ。他人より早く走れたところでクルマにはかなわないし、スノーボードで跳び上がってクルクル回れたら何の意味があるわけでもない。役に立つから、必要があるから、やっていることではない。

    それは自分の楽しみでもあるだろうが、スポーツに打ち込むことによって周囲の人に楽しさを与えられることも同じくらい大切なのだ。自分ひとりなら自分の気持ちいいところでやめても構わない無価値な行為を、喜んでくれる人がいるから、自分の苦しさを乗り越えることができるのではないか。金、色、欲の向こう側にある自分ひとりでは生み出すことができない究極のモチベーション、それが支えてくれる人への感謝なのだと思う。

    それを感じながら日々の努力に向き合う者だけが、自分ひとりの戦いという次元を超えた、上のステージで戦っている選手なのだと思う。「大金持ちになったら止めてしまう」ようなモチベーションの持ち方では、たどりつく先もたかが知れているのではないか。

    写真の選手はスノーボード・スロープスタイルで悪天候に泣かされた鬼塚雅選手だが、彼女は試合後の自身のブログで「応援してくれた方、ごめんなさい。そしてありがとうございました!」とつづっている。謝る言葉は表現に過ぎず、根底にあるものは感謝なのだと思う。

    イヤイヤやっている選手や、無理やりやらされている選手は、そもそもオリンピックになどたどりつかないだろう。自分の限界に挑み、限界を超えたチカラを周囲の人に支えによって引き出されてきた選手が、そこに集うのだ。

    「責任や呪縛から心身を解放して」も強くはなれない。それを強く感じて、4年間の一瞬をも支えてくれる人に恥じない生き方をしてきたものが真の勝者となるのだ。

    泣いて謝るような心境に至った選手は、きっとたくさんの素晴らしい人に囲まれてきたのだろうと、僕は思う。

    鬼塚選手、ビッグエアは笑顔で終われるように!

    もっと読む
  • 259
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2018/02/26 18:11

    自分のことで他人ががっかりしたり、残念な気持ちになったのなら「申し訳ない」という感情がわいてきて当然。
    「涙ながらに謝る姿…」の涙は、周りに対する謝罪の気持ちより、結果を出せなかった自分に対する悔し涙のような気がする。
    現役時代、「負け」を謝ることはしないと決めていた。でも最後の試合で負けた時、声援を送ってくれたファンに向けて口をついて出てきた言葉が「ゴメンナサイ」だった気がする。

    もっと読む
  • 90
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2018/02/17 19:35

    とても興味深く、読みました。ふと思ったのは、褒美も責任も「個」に帰属する文化、たとえば、アメリカでは、団体スポーツや会社で、チームワークを強調します。仲間を信頼しよう、自分のためにだけでなく、仲間のために何が出来るかを考えよう、と強調します。一方、世間体、空気から生じる同調圧力が強いわが国では、「個」がもっと尊重されていい、とよく言われますね。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter