©FIVB
VICTORY

全日本男子バレーは8強に遠く及ばず、2年後の五輪までに何を上積みすべきか

世界選手権でベスト8進出を目指していた男子バレーボールチーム。しかし、目標には遠く及ばず、2勝3敗の勝ち点5という結果で、1次ラウンド敗退となった。大会終了後には、中垣内祐一監督の進退も問われる事態となったが、東京五輪を2年後に控えた全日本男子は、どのような道を進むべきなのか。(文=中西美雁)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 2
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/09/28 17:06

    大会での展開はよくわかりましたが、最後の部分でもう少し今大会を通じて見えた課題の分析が欲しかったです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter