昨年末、舘谷アナが箱根を訪れた際に「ふらっと立ち寄った」というのが『ホテルむさしや』。「箱根に行こうと思い立って、箱根神社を参拝したのですが、その通りすがりに日帰り温泉があったので入ってみたんです」と、その経緯を明かした。

明治元年創業の老舗で、女将のいる旅館式サービスに定評がある『むさしや』だが、実は箱根駅伝の出場校が宿舎にするホテルでもある。早稲田大や東洋大が過去に利用しており、「ホテルに入ると、受付の横にサインがたくさん貼ってあったんです」と舘谷アナ。陸上男子マラソン日本記録保持者の大迫傑選手(早稲田大出身)、前日本記録保持者の設楽悠太選手(東洋大出身)、「2代目山の神」として名を馳せた柏原竜二氏(東洋大出身)のサインが飾られるなど、箱根駅伝と縁の深い場所だったのだという。

このホテルの自慢が、最上階5階にある大浴場「展望風呂」だ。「芦ノ湖が視界一面に広がる湖上の湯」として人気を博し、日帰り入浴にも対応している。箱根駅伝往路ゴール地点まで1.7キロと近く、一般のランナーが箱根駅伝のコースを走る”箱根チャレンジ”の拠点としても好評。旅の一つのスタイルとしてブームの兆しを見せる”旅ラン”のニーズに対応するため、日帰り温泉の利用でも着替えの先送り&返しも可能(要事前連絡)になっている。さらに、宿泊者用の自転車置き場も用意されるなど、ランナーやサイクリストにとって至れり尽くせりの環境が整っている。

「日帰りで1100円と気軽に立ち寄れますし、目の前にバーンと芦ノ湖の景色が広がる、いい温泉でした。私が行ったときはちょうど誰もいなくて、本当に開放感を満喫できて気持ちよかったです」と舘谷アナ。ちなみに、文化放送の箱根駅伝中継で解説を務めた柏原氏に「サインが貼ってありましたよ」と伝えると「まだサインとか、慣れていないときのものなので貴重ですよ」と笑っていたとか。名選手たちの大学生時代の初々しい?サインを見つつ、絶景広がる展望風呂で汗を流す。『むさしや』は、市民ランナーも”定宿”にしたくなる、魅力あふれる温泉宿だ。



【箱根芦ノ湖温泉 ホテルむさしや】
■住所
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根20

■TEL
0460-83-6348

■アクセス
電車:JR、小田急線・小田原駅から元箱根港方面行きバスに乗車。
   「箱根神社入口」バス停下車、徒歩1分
車:東名高速・厚木IC-小田原厚木道路-箱根新道-元箱根

■日帰り入浴
午前11時~午後4時
大人・1100円




取材協力:文化放送

**********************
文化放送「池田純 スポーツコロシアム!」
火曜後8・40〜50、Podcastで拡大版配信中
パーソナリティ:池田純
**********************
池田純著『横浜ストロングスタイル』好評発売中
~ベイスターズを改革した僕が、
 その後スポーツ界で経験した2年半のすべて~
<本体1,400円+税/文藝春秋>
**********************

箱根芦ノ湖温泉 ホテルむさしや 公式サイト池田純著『横浜ストロングスタイル』をamazon.co.jpで購入

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第二十九回 北海道札幌市・小金湯温泉『湯元 旬の御宿まつの湯』

VICTORYでは人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」の特別版を掲載。今回は、池田氏が愛息との”スキー合宿”で訪れた温泉宿を推薦した。

victorysportsnews

VICTORY スポーツ湯めぐり紀行 第二十八回 神奈川・箱根『箱根小涌園ユネッサン』

VICTORYでは、同番組内の人気コーナー「スポーツ湯めぐり紀行」の特別版としてアスリート、スポーツにまつわる「とっておきの温泉話」を紹介している。今回は、池田氏が箱根駅伝ともゆかりのある温泉を推薦した。

victorysportsnews
(C)photolibrary
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部